2018.02.25 自由

[広告 ] VPS



これを見て、
・すごいと感じてもらってもいいし
・強いとかむつかしいとか感じてもらってもいいし
・パワーが大事なんですねって感じてもらってもいい
のです。俺は、簡単そうな自然体を歌ってますが、見る人の自由ですからね。。。

43歳の遊び心をおゆるしください。。。
[広告 ] VPS


これも一緒です。
だから、パワーが大事なんですね。足の筋力なんですね。ぜんぜん結構。
見る人の自由です。


俺、今まで、自分の方針をいっぱいHPで述べ続けてきた。
受ける前に知ってほしいと思って。
選別にしてほしくて。



でも、、、、



これって、、、



俺が伝えることじゃなかったんじゃねぇ???



お客さんが感じてもらうことじゃねぇ???



俺がやるのは、、、ただ、、、



お客さんの期待を裏切ることじゃねぇ???



え、ここまでがんばらなくていいの???みたいに。。。。



だから、名目は、
普通のトレーニングとして受けてもらったほうが、いいんじゃねぇ???



いちいち方針を語ること、ないんじゃねぇ???



なんてこと、感じてしまいました。



2018.02.24 世間
あるトレーナーから面白い話を聞いた。

俺よりも若い世代って、実践が伴ってないのに知識だけがすごくて。
誰それ先生の教え、を盾にして、すっかりそのステータスにって勘違い。
でもさらに若い世代になると、今度はまた俺ら世代に廻ってるって。
でも常識に欠けるとこが難点だとか。そこを一つ前の若い「知識世代」がぼやいてるだとか。



で、面白かったのは、、、

そのトレーナーも二つ若い世代に困惑してて、基本や常識がなってないのに、ありえない夢を見て、ユーチューバーだとか、そういうのに流されることとか。それで俺に、「ただしいものを伝えてほしい」みたいにさ。まるで俺が、常識を兼ね備えた鏡みたいになっててさ。。。でもよ、、、おれ、ユーチューバーって存在、そのトレーナーに聞くまで知らんかったからね(笑)

いや、俺、時代に流されてないから、正しいって言い切れないし、俺のなかでは王道だと思ってるし、すばらしいと思ってるよ。でも、俺ら世代の常識から見たら、俺なんかアウトローだろうし、正しいか正しくないか、じゃなく、もっと違う観点があるはずで。そもそも一人の者や集団だけを見て、お前ら世代はこうだ、っていうほうが違うんじゃないかな???だから、何も俺らが「世直し」なんてことしなくても良くない???ってことさ。



ただ俺は俺でしかなく、
時代がどんな時代であっても、、、俺ってオリジナルだし、



おれみたいなタイプ、あまりないし、



だから正当化したくはないんだよね。。。



ま、どうでもいい話でした。。。


過負荷。

それだけでもう、
「必要以上に構えなきゃ」
「必要以上に頑張らなきゃ」
「必要以上に闘わなきゃ」

すこしだけどうでもいい話をします。

「なめられたらあかん」って思う時点で、すでに「おびえてる」わけでしょ???
なめられるのは、なめられるような自信のなさ、からくると思います。
自信。何も強がる必要ないと思うんです。
「いい人ぶる」「できる人ぶる」から本人には見えない所で綻んでいくんじゃないかって。

やさしく見せようってアピールしてる先輩がムリしてて頑張ってるようで不自然に思え、
でもそれがどこかかわいくもみえたりもして、
ま、ふがいない先輩を立ててあげよう、みたいにさ(笑)



トレーニングも、「そういうなめられない人」を求めてませんか???
だから、なめられないために「武装した筋力」や「「武装した知識」に走る。
それがいっぱいあるから、なめられない???



・・・・



いいところも、だめなところも、自信を持てば、いいのではないでしょうか???



ありのままでいいのではないでしょうか???



重くなると、つい構えてしまう。
でも、俺の場合は、、、こうなります。



「あきらめて、重りに、甘えよう・・・・」って(笑)そんな動画です。

[広告 ] VPS



思ったよりも速く挙がってしまい、
しかもキャッチでリアルに重かったことを素直に認めてます。
[広告 ] VPS


これは、速く挙げようってしたわけじゃなく、
ましてや腰でバーベルをはじこうとしたわけでもなく、
「逆に、、、自分も、、、落ちてやった」んですね。。。

ハイキャッチにこだわらず、低い位置で取ってやる、ぐらいの気持ちかな。。。



「負けてもいい」って気持ちじゃないでしょうか???
「負けてはいけない」ってトレーニングではそうなりがち。
でもこれって、、、さっきの「なめられたらあかん話」と一緒ちゃいますか???



「負けてもいい」
だって、、、自信があるんだから。。。
「うまくいかなくてもいい」
だって、、、自信があるんだから。。。



おもりはすごいことをおしえてくれていると思うんです。
おかげさま、って感じですね。。。

2018.02.22 理由
1回しか跳びません。瞬き厳禁!
[広告 ] VPS



なんだかこの動画が俺のトレードマークみたいで、
得意なボックスジャンプ???みたいにいうたり、、、
ま、得意は得意ですよ。。。


理由ですか???


簡単だから!!


え、いけませんか(笑)


だから、繰り返すわ。


簡単だから!!



・・・・・・・・



だって、、、

落下するじゃん!!
するとさ、、、、落下は受け入れざるを得ないじゃん。。。
だからさ、、、



簡単なんだよ!!



それだけ!!



落ちるから、簡単。



それだけ。



だから、、、おもり扱えっていうの。。。



落ちるから。。。



落ちたら、、、



簡単だから!!



え、いけませんか(赤井秀一が変装してる沖矢昴さんふうに)



[広告 ] VPS




簡単だから!!



けらなくていいし、踏ん張らなくていいから。



ようは、、、



簡単だから!!




[広告 ] VPS



改めてみると、やわらかいと思うんですよね。動きが。
おもりを持ってるのに。。。
違うんです。


もちろん、違うっていうのは、
動きがやわらかいことにたいしてじゃなく、
おもりを持ってるのに、、、って部分がね。。。


さまざまなメソッドが生まれ、方法論や手法が生まれます。
それ自体に文句はありません。知ったことじゃありませんので。。。
ただ、俺がいいたいのは、、、


おもりは、
ほんとうのことを教えてくれてるんだよ

ってこと。


地球上には重力が働いてるってことを含め、です。
だから、そのほんとうのことっていうのは、
たとえば、、、受け止めて、落ちたほうが、動けますよってことだったり、
[広告 ] VPS


力をいれないほうが、動けるんですよってことだったり、
[広告 ] VPS


ようは、自然なままのほうが、理にかなうってことだったり。。。
[広告 ] VPS




うさんくさい情報から脱し、自分を解放させ、
自然になったら、ほら、こんなふうに!!
みたいな魔法をかけてくれるんです。。。



2018.02.18 負荷について
一般論では、こうでしょうか。
「日常よりも強い負荷をかけることで、それに打ち勝つことで、強くなる」
もう、、、その打ち勝つを捨てましょうよ。ってうちは謳っています。

だって、、、

負荷は、、、

負荷じゃないんですから。。。

いいえ、、、闘う敵ではないのですから。。。
[広告 ] VPS



むしろ、、、動きのせんせいなのですから。。。
[広告 ] VPS




わかりやすく、采配を振るってくれてるんですよ。。。
だから、負荷じゃない。
むしろ、動きのせんせい。



そう、、、、



負荷は、、、
鎧を足すものじゃなく、鎧を剥いで、子供にしてくれるもの。
理論武装から、常識武装から、筋力武装から、解放させてくれるもの。




自体重じゃ、わかりにくいから。。。
だから、いうんです。



挙げることじゃなく、受け止めることに基本がある、と。
「いかにもジャンプ」「いかにもキック」じゃなく「けらないキック」が普通だと。



負荷は、まるで、子供みたいで、
逆らうと、すぐにすねてしまい、逆に重くしてしまうから。
でも、仲良くしてあげれば、すっごい素直で、やる人を助けてくれたりします。



せんせいのおしえ。。。
[広告 ] VPS


ほっこりジャンプで画面からはみ出す3mジャンプ!!
[広告 ] VPS


やわらかいでしょう。。。
[広告 ] VPS


今日は、この記事を含め、3記事あるからね。。。
しかも3記事すべてに、この動画を採用してるからね。。。笑。
で、バーベル扱う強化、っていうだけでさ、、、

「私、力、弱いから」

それで、力を鍛えるために、筋トレしたい、みたいになるの。。。

アスリートでもさ、強化にこういうの取り上げてもらえるのは、うれしいんだけど、
宣伝にもなるからね。。。
でもその主たる目的だったりが、、、ね。。。

「重りに負荷に打ち勝つための筋力強化」
「打ち勝つ手段」

これってさ、、、
競技で言う、「力んで、流れにそむいた動作」じゃないのかな???
ウエイトを扱う指導者として、

やはり、、、伝えておきたいな。。。




基本は、、、




挙げること、にあるんじゃなく、




受け止めること。。。




力をどうこういうまえに、、、
まずは、、、正しく受け止めましょうよ。。。
落下に呼吸を合わせるとか。受け止めたほうが挙がってくれることとか。。。



蹴らないキックが信条ですから。。。



そう、、、自分には欠けてるんだ、というスタートだと、
永遠に、いたちごっこになるでしょう???
満たされない。もっともっと、、、って。。。満たされても満たされず、もっともっと・・・。

はじめからあるんだ、と思い出すぐらいで、ちょどいいと思うんです。
そして、思い出せば、、、あ、うまくいくんだ。今、いまくいってるんだ。と、
プロセスでも満足があって、それが、その勝ち癖が習性になるしね。。。

受け止めれば、、、上げた数値じゃないって。。。それが、実用性。。。
数値は、ただのご褒美みたいなもんです。。。

私はあくまで、下半身のキックを上半身に伝えるような「いかにもキック」はしません。
ましてや、「いかにもキック」をはぐくむような強化はしません。
「蹴らないキック」「落ちること」を信条としています。

論理をあざ笑うかのごとく、、、魔法が見えるでしょうか???
[広告 ] VPS


強化も、このような動きに、なります。

[広告 ] VPS


バーベルに吸い寄せられるように、素直に、落ちてるだけ。。。
落ちたまま、、、跳べている。。。
だから、そのしなりや伸びは、意図的ではありません。。。

それより、びよーんと伸びてるような腕の伸び方が、いいと思いませんか???



そうそう、、、

うちは、お客さんの今の状態を知るのに、跳んでもらうんです。。。軽く。。。
するとたいていが、、、「いかにもジャンプ」をしてるんです。
ひざからぐんと伸ばして、キックキックキック・・・・

でも、いわれるのが、、、「じゃあ、、、どうやって、蹴るの・跳べるの???」



落ちてみれば。。。っていつも、答えています。
[広告 ] VPS



で、その「落ちる」ためにも、、、「ウエイト」って「大事」なんだよって。。。
「筋トレ」じゃなく「ウエイト」だよって。。。
逆らわず、、、受けとめれば、、、ほら「魔法が」。。。って。。。

俺は諦めが悪いから、反応が「・・・・・」でもぜったいに折れないの。。。
そこが「天然」の良さかな(笑)。
バーベル運動では、このように、ぶら下げる運動と支える運動からなります。

[広告 ] VPS


基本、高いところから落ちるので、地面に吸い寄せられる感じではない、と以前の俺。
そう、、、以前は、、、かたくなでした(笑)。
ぶら下げる運動でも、、、天井を向いた部位から落ちなさい、と。
時間は、、、上から下へ、流れるんだ!と。。。以前。

素直になった今は、こう考えています。



担ぐんだったら、高いとこから落ちて。
ぶら下げるんなら、低い部分へ吸い寄せられるように落ちて。
・・・・ようは、素直に、持つバーベルの落下に、従いましょうよ。。。ってこと。



でも、、、安心を。。。



ぶら下げる種目で地面に吸い寄せられようが、
結果は、一緒ですから。
高い部分から落ちてることに変わりありませんから。。。

何より、、、終わった後に、体が、こう反応しますから。。。
「ぶら下げた運動だったのに、終えたら、上から押さえつけられる心地よさがある」



強化では、扱うバーべルに素直に。
日常では、、、自然と落ちるように。。。
ようは、、、どっちも「加工」したりせず、「素直」でいいんじゃないか、と。。。