多くが、こういったトレーニングで、「力を入れること」を学ぼうとします。
その「力を入れる数値や能力」で「能力」を算出しよう、とします。
だから、、、ありきたりの答えしか出ませんし、
そういう官僚的なフォースに押さえつけようものなら、弱者は「ぐう」の一言も出にくいもの。

でも、、、安心してください!!

力を入れる能力で判断できない世界があるのですから!!(力を入れない)

[広告 ] VPS



力を入れてばっかりするから、そこで裁いてしまうから、、、見える世界が狭くなってるだけ。
二階から階下を見下ろしたら、1階でやってることが丸見えで、ちっぽけに映るもの。
力で解決する。力む。だから、、、怪我をするのです。

そもそも、、、いつまでも力を入れ続けることって、できますか???
できないのであれば、、、無理をしているのです。
その「無理能力」を鍛えるのですか???

私なら、、、できる能力を鍛えます。

力を入れなければ、、、、いろんな力を味方にでき、大きな力が出るのです。
結果的に、、、感じています。いろんなものを。不思議な感覚です。
ファンタジーなんです!!

でも、とくに運動はそうで、、、システム化されたものじゃなく、見えない不思議があって、
そこを楽しむもの。だから、分析や深読みはしない。
結果的に、、、体は、、、感じているから。。。何を???それが余計。

三次元だけで思考する。いくらでも思考できますが、どこかファンタジーがない。
限界がくる。あきらめる。
でもほんとうは、、、人は、もっと、、、夢や希望を、謳歌できるのです!!

さ、、、力は入れない!!自然体!!それで、実現するのです!!
信頼。自動化。ファンタジー。
脚力???連動???考えない考えない!!
[広告 ] VPS

[広告 ] VPS



2017.06.24 おいしい盲点

[広告 ] VPS



うちはどっちかというと、
機能改善というか、動きを整えたり、いやしたり、怪我しなくなったり、
強さが本物になったり、それでいてやわらかかったり、



そういう路線ではあるのですが、



そういう路線だからこそ、、、



そういう路線ならではの、、、



体づくり、筋肉づくりが、、、



できるのです!!



筋肉を発達させる、あるいは筋肉に効かせる、
ようはやってる最中にどれだけ使いたい筋肉が使えるか。
たいていは、そのために、使いたい筋肉へ意識を集中させたりします。

でもそうやってやれば、、、終わった後、筋肉が固くなります。
それでも柔らくなる方法。終わった後なのに柔らかくなる方法。
しかも筋が適度に使われる方法。

あるのです!!



力を入れす、重さを受けて、下げるように挙げるのです。アップライトロウです。
肩がすくまない、きれいな動きです。
でも肩以外の腕とか僧帽筋上部とか余計な関与がありません。そこ(肩)にヒットします。

[広告 ] VPS



体つきにびっくりしましたか???



そうです。じつは、、、服の中は、こういうことになっていたのす。
背中はやばいでしょう???でも触れば、、、やわらかいんですよ。。。
と余談はいいとして。。。



重さを正しく受け止め、いじめないような挙げ方で、的確にそこにヒットし、
しかもすいすい。。。きれい。。。
終わった後は、、、軽かったですよ。。。緩んでましたよ。。。
ま、、、やってる最中も緩みはありますけどね。



今度はショルダープレス。
数セットやりこんだあとだったので6回目7回目、とくに7回目は、、、それでも、、、
歯を食いしばることなく、逆に力を入れす、下がるように、ゆっくりでも挙がっていきました。

[広告 ] VPS



粘りじゃなく、、、それでも力を入れないポジティブさ。
ゆっくりでも、どこか止まっていない感じ。
終わった後、、、もちろん、、、肩は、、、やわらかくなっていましたよ。。。



基本は、、、全身運動にあります。そのうえでの部位別です。

頭で指令して、その筋肉へ意識を集中させるのは、誰でも思いつくことです。
ですが、不自然だと思いませんか???そういう動かし方を普段しますか???
だから、、、硬くなるのも無理ありません。



でも、「機能性=体が発達しない」ではないのです。



むしろ、、、どこか的確で。。。



いばらを歩くこともなく。。。



以上です。
うちは、体づくりやダイエットをしたい方にもおすすめです。
しかも、、、「機能性」まで‟もれなく”ついてくる。



最後に、ものの見事にかみ合った全身運動でお開きにします。

[広告 ] VPS



[広告 ] VPS




ありがとうございました。。。合掌。。。



ま、口数は少ないほうで、しゃべるときはしゃべりますけど(語りますけど:笑)
目立つほうじゃないおとなしいほうですが、それと、明るい暗いは関係なく、
気分が良くなることを選んだり、気分がよくなる行いができることが、明るいことだと思う。

ほっこり天然で、純粋な子供のような、と言われたこともありますが、
喫茶店に行くも、レジのお姉さんから温かく接してくれることが多いのも、
大人になれない、前向きで、気分が良くなるオーラが出てるせいかもしれない。

その俺が、こういう世界で生きてきて、学んできた結果、
仮に器用じゃなくとも、明るい選択をしてしまうまっすぐさがあって。。。
明人さんの明るいトレーニングは、こんな要領でやっています、ってお話しをします。

[広告 ] VPS


けんだまもね、案外重いのよ。。。
しかし、わたしとおもりとの「絶妙な距離感覚」っていうんですか???
伴走っていうか、落下とかみ合っていて、自然で、心地いい。勝手に挙がってくれる。

ほら、こんな風に。。。
[広告 ] VPS




ホームページの日記にも書いたけど、そのままコピーします。


俺、思うのね。。。

「感じること=反応すること」とは限らないってね。。。

これをウエイトトレーニングで言うならば、こう。身体が受けた重さを感じるじゃない。。。でも、それでいいのに、そこで終われば良いのに、過剰反応してしまったらさ、、、そうそう、、、力んだ動きができちゃうよね。一見パワフルで、やりきった充実感、支配欲で制覇した充実感はあるよ。でもこれって、、、子供の喧嘩をムキになって親が反応するのと、変わりあるでしょうか???あるいは、重さを苦だと反応し、過剰に守っちゃったり、過剰に拒否してしまったり、、、でも結局これって、、、「双方の心の距離」が近づくだけ近づいてしまって、抱き合ったぐらいの感じじゃない???

俺、思うの。。。

正しく感じられれば、過剰反応はしないって。

それがいわゆる「自分を肯定する気持ち」「自分を信頼する気持ち」「自分の価値」「高い精神レベル」だったりしないかな???温かく受け止めてあげればいいんです。重りが動作速度や動作のカタチまで作ってくれるぐらいなんですから。

でも、無反応で何も感じないんじゃないよ。これだと堅物で本末転倒。機械的にマニュアルどおり、痛みも何も感じない。怖いよね。。。反応しない、というにもふたとおりあるんだよね。。。きっと。。。動揺しない気持ちは、感じないことにあるんじゃなく、感じることにあるんだ!!




過剰反応しないっていうか、よくこういう質問を受けるの。
「重りは、どういう速度で上げたらいいんですか???」
俺の答えは、、、いえ、答えに行く前に、
「まずは、どういう速度で受けるか、を感じましょうよ」

挙げる基本は、戻すほうやおろすほうだから。
重りの速度で動かしましょう。重りの速度に合わせましょう。
なんですね。動画、みてみたら、速い速度も遅い速度も、同じ速度でやってるでしょう???

そのうえでのことですよ。挙げる速度ってのは。。。
ブレーキをかけるような遅い速度じゃなく、
あがいて気張って狂って過剰反応したかのように速く挙げようってするもんじゃないし。



ただね、、、けんだまとか、りんごを使ったレッスンもやったことがあるけど、、、

形式ばって、鉄の重りに縛られず、温かい気持ちを持つべきです。
事務的・義務感・形式ばった方法論で、がっちがちの運動をしよう、
と力を出すものじゃなく、もっと温かい角度から、徳があるというか、そういう明るい視線。

小ばかにするんじゃなく、
大人のふりして事務的になるんじゃなく、
明るい選択をしていけば、

そういう意識から、

素敵な動作が生まれ、
素敵な強化が芽生え、
素敵な日常へとつながり、
素敵な自分になっていくのではないでしょうか???


ほら、簡単に。
[広告 ] VPS



[広告 ] VPS




いきなりですが、、、数年前の屋外動画から。

サボり症(笑)のため、一度しか跳びません。。。瞬き厳禁(笑)
[広告 ] VPS


フォワードランジは、フォワードしよう、、、ではなく、ながれに合って落ちているだけ。
[広告 ] VPS


遊び感覚で、、、一部ポカがありますが、、、

[広告 ] VPS



いかがでしたか???
考えることが白けてくるぐらい、遊び感覚でありながらどこか理にかなってて。。。
それでいて、負担もなく心地よく。。。

うちは、うちのトレーニングでは、
こういうふうな「頑張らない」「考えすぎない」動きを引き出します。
そのためにも、意識の在り方が大事になります。

意識が、はじめから、「戦うこと」「頑張ること」「試練を課すこと」「我慢すること」になってますと、
それらをもっともっとほしがってるという意思表示になって、
「さらなる戦い」「さらなる頑張り」「さらなる試練」「さらなる我慢」となっていきます。
動きを考えるのも一緒です。考えることがほしがる、さらなる迷いを引き寄せる。

ですので、ここは、いちど、、、意識を見直す必要があると思います。
自分を満たすこと。自分に素直であること。自分にも相手にも仲よくすること。
すると、その意識が、さらなる幸運を招き寄せます。

こんなふうに、おもりを受け止める。やさしく受け入れることで、
逆にスムーズで心地よく動かせます。
重い買い物袋なんかは、ぶら下げるように持てば楽。

[広告 ] VPS


もう少し見てみると、

挙げる動きでは、「挙下」ようは、下がることを受け入れたほうが挙がる。
下げるほう、ようは戻すほうは、おもりの落下と伴走するように、呼吸を合わせる。
つまり両者も、、、「落ちる」を伴います。
そこには、「自分への満足」と「戦わない豊かさ」があります。

こんな感じで。
[広告 ] VPS



意識に見合う現実がやってきます。
自然は、自然物は、宇宙の縮小版です。
人の頭で考え得ることにも、限界があります。
いいえ、、、考え得る限界を超えるインスピレーションが大事だと思います。

屋外動画は、こういったウエイトで培った自然の知恵を、発揮した結果。
だから、おもりがなくなれば、あとは自然に動けばいい。
重力と仲よくでき、その重力が、動きを作ってくれます。信じる心。豊かな心です。
私のクライアント様も、それぞれの競技で実力を発揮しています。点と点をつなげないことです。

ここでまた、人の頭で知識を穿り返すと、また、動けなくなっていきます。
あるいは、思考の迷路迷宮にはまり込んでしまいます。
法則に合う合わない以上に大事なのは、、、
それをやってて楽しいか。心地いいか。ということ。

これも誤解があるが、落ちる、という真似事だと、
足で踏んでしまったり、足音をばーーんと叩きつける誤解がある。
うちの動きは、、、ある意味、、、執着を捨てる動き。

これまで知識や教養によってはぐくまれたしがらみを、一切剥いでしまう。
だからこそ、、、素直になれ、単純純粋になれ、理にかなうようになるのです。
トレーニングは、とくにうちのトレーニングは、、、執着をはがすトレーニングなのです。

だから、、、すべきこと、意識の在り方、これらが決まってきますよね。。。



自分がうまくいくために、他を蹴落とすような、そういう挙げ方で鍛えたら、
蹴落としたそのあとで、必ず、自分が蹴落とされるような事態に陥ると思う。
あるいは、さらなる蹴落としたくなるような試練がやってきたり。。。

でも、、、意識の在り方を改善すれば、、、

友好的なものがどんどんやってきて、ものごとがスムーズになり、
鍛えるって、こんなに負担のかからないスムーズなことだったの???
こんなに心地いい楽しいことしてて、それで効果的でうまくいくの???

みたいな好転サイクルになっていくことでしょう。



型にははめず、世間と自分は分離する。

戦うことや意識して反対を押し通すことじゃありません。
これだと立派に距離が近づき抱き合ってる状態。
そうじゃなく、魂が喜ぶような選択を。満足感と友好性を。


これは、瞬発力系のものですが、
どこかやわらかい、激しさやとがった感じがないけどどこかスムーズ。
あ、こんな瞬発力もあるんだ、という、見ていて落ち着く動画です。
[広告 ] VPS


重りと、仲が良さそう、でしょう???
ほんとに仲が、いいんです。
年々よくなっていて、昨年の動画とかに比べたら、精度が増したね。。。

昨日の記事では、意識に関する本から引用し、精神レベルという言葉を用いた。
体にも、体中が複数の命の集まりだとしたら、体というか、筋肉や骨やもろもろ、、、
すべてに精神があるとしたら、そういうとこまでレベルの向上をしてるのかな???

その著書によれば、精神レベルはこれが上限、なんてなく、どこまでも向上できるもの。
心だけじゃなく、体の知恵も、そうなのかな???
と、昨日書ききれなかった分を書いた。

しかし、、、鍛えるって観点が初めから異なるケース。

いや、、、むしろそれが通常か???

ようは、、、負荷をかけて苛め抜く。それに耐えうること。
それによって体が強くなり、大きくなる。
ド根性大根みたいな考え方。

ふつうはそうでしょう。。。

それ自体は間違いじゃないと思うよ。

ただ、、、戦うこと。抗うこと。我慢すること。
そういう能力ばかり身に付き、そういう鍛え方をしていて、
さあ、、、スポーツでいい動きができるでしょうか???
日常を軽やかに過ごせるでしょうか???

それでも「打ち勝つことをやめません」
そればかりか、さらなる敵を求めます。戦いを求めます。
本当の強さって、、、こういうことなのでしょうか???

・・・・

うちのトレーニングは、戦うことじゃなく、親しむことを刻みます。
面白いことに(面白い、というも失礼だが)、週1回のうちのトレーニングしかせず、
ほかのトリートメントはなし。そういうい方がふつうに、「マッサージいらず」になったり、
慢性的な腰痛や肩こりが、、、「あれ、いつの間に・・・」「こんなありがたいことが・・・」

動きやすくなることで、
いつしか「力に頼らない瞬発力」というか、そういう知恵まで刻まれる。
動きにうまさが出る。技術の習得がスムーズになる。

こっちのほうが、、、むしろ、、、理想の強さだったりしないでしょうか???

子供の喧嘩も、子供どうしなら必死でも、大人目線なら、、、気にしない次元。
こういうのが、精神レベルの(高さの)差。
その精神レベルは、徳のある行為でプラスのパワーが高まることで引きあがっていく。

まだ読み始めて間もないので、理解不十分かもしれないことをご容赦いただきたいが、

力んだトレーニングの経験で苦痛を味わったほうが、苦痛だと感じたほうが、
一段高いレベルへ導きやすいし、大人がいきなり正解を言わないほうが育つ。
でも大丈夫。。。初めからうまくいかないし、実際に日常ですでに力んでいるもの。

だから十分に体験はできている。



話があっちこっち。。。学び始め(本ですけど)の段階だから余計に言葉も増える。。。
でも、、、鍛える、という観点も、、、意識改革があってもいい。
すでにあるのかもしれないけど。。。

ただ、、、バーベル運動でのその発想は、なかなかないと思う。

人は、自然には勝てません。自然は宇宙の縮小版。
鉄の重りも、自然の物。
そこから学ぶこと。学べること。たくさんあるのでは???

低い精神レベルで筋力だけで解決するんじゃなく、
もっと高い意識を持てば、、、