久々にいつものスタバへ。。。
最近、、、久々、、、が多くなっていて。。。
これも、、、今思えば、、、俺の心の問題。

それが先日、解放され、、、行きたくなった。

駐輪場に自転車を止めて、ゆっくり入り口に向かう。
入り口のドアを開く前から、いつものおねえさんと目が合って、、、
普通にお互い、、、「笑顔で挨拶」

ドアを開けて入ったあとも、、、「笑顔で挨拶」

なんか違ってたね。。。
俺も吹っ切れてたから、、、ありのままだったから、、、
ご機嫌とりじゃなく、、、自然と、、、あえて嬉しいっていうか。。。

今日はケニアのコーヒー。すると、また別のいつものおねえさんが、、、
「オレンジのシロップ」をカップに入れてくれてて。。。(通常だと50円かかります)
このやりとりに、、、リハーサルもマニュアルも連携も何もなかったから、、、
だから、、、すごい連携になってて。。。。。

こういうところが、、、すごいんです!!スタバは!!

いつものおねえさん「何か、お客様と合うの、久しぶりな気がして・・・・・」
感情を込めてそう言ってくれて、
彼女「毎週来てくださってるんですよね。。。。。私のほうが、時間が会わなくて・・・・」
感情いっぱいに。。。
彼女「でも、、、お元気そうで、、、よかったです・・・・」

俺は、「そのとおりだよ!!」って思わず口にしそうになって。。。


でも、、、俺自身が、、、俺のままの素顔で、、、ここに来たかったって素直に思ってたから、、、
彼女もそういってくれたんじゃないかって。。。
少し「ケニアのコーヒー」についておしゃべりをして、、、ぺこっと頭を下げて差し出してくれた。

ケニアのコーヒーそのものは、オレンジ風味だから、
シロップにはじつは抵抗があったけど、、、

シロップをなめてからケニアを飲むと、、、また美しい広がりが。。。
以前はシロップを入れたとき、オレンジが強すぎて、、、嘔吐物のような感じがあったので、
敬遠していた。コーヒーが半分になって、思い切って「シロップ」をコーヒーの中に。

すると、、、

昨年のような嘔吐物じゃなく、、、むしろすっきりした感じの味がしたんです。。。
やや、、、かんきつがきつくって、、、そう感じないことはなかったけど、、、
また味覚が変わっていた。



ここに来ると、、、愛する愛されるの意味がわかる気がするんです。
マニュアルにはない親切さだったり、、、
自分のことやお客様を適切に見てくれていたり。。。

「元気そう」ってわかるって、、、

嬉しかったです。。。ほんと。。。




行ってきました。。。。日本庭園ライブ。和太鼓の蓮風。
余韻たっぷり。。。
良かった!!楽しかった!!元気になった!!

去年よりもバージョンアップしてた。
すっごく力強かった!!良い意味で広がりがあった。
去年にはなかった演奏もあった気がしたし、
去年聞いたなじみのもの。今年聞けば、また違ってて。。。

惹きこまれていって、、、時間が経つのは早かった。。。

去年と一緒で、彼ら独特の声かけもあった。
その声かけは、、、我々が彼らにかけるもの。
彼ら自身がそれを聞くと、かれらが元気をもらい、元気になって、激しく太鼓を叩く、っていうもの。*
これもなじみ。そうそう、、、去年も、、、って。

MCはいっつも「まさ」という人が担当してたが、
もうひとりの「のぶ」という人が口下手という理由だったそう。
でも結成10周年でその口下手な「のぶ」もトライしてるとか。。。

で、そののぶのmc。ガラガラ声でどもってて、、、、彼「これ、、、演技ですからね」(笑)
蓮風の本拠地は豊中だけど、のぶは守口市民(笑)
でも豊中に引っ越すのだとか。9月に結婚だって(嬉)。。。いっせいに拍手!!

まさのMCも絶好調。
「活動が先月は福岡。遠方もあり、、、今月は、、、、、(遠方)なかったですね。。。笑」
って正直なコメントで笑い。来月以降はまた宮崎とかあるらしい。

アンコールもあった。

案外、、、アンコールの準備をしてるときに限って、声がかからないこともあるそう。。。
今日はね、、、案外中途半端だった感じで、俺らは手拍子で促していた。
かれらには「アンコールを透かされたのかな(笑)」って思ったそうで、笑いに。

「今から残業時間」って笑いを飛ばしてくれました。
その演奏前の前座。手拍子を促してくれた。
それが、、、4回促すかとおもいきや、急に2回に変えたり、、、でみんな間違える。。。
笑いもあり、、、でも演奏も迫力あり。
演奏では、、、みんなが一体となって手拍子しながらの演奏だった。




と、個別に思い出そうとしてもなかなか表現できず、
当たり前ですが、しゃべりがメインじゃなく、演奏がメインで、
演奏がすごく良かった。響いた。。。一体化して参加できた。。。

一時間半という短い時間。ほんとうにあっという間。
でも凝縮された時間だった。
こんな間近で和太鼓や津軽三味線などを聴ける機会もそうありません。

しかも、、、オリジナル!!

ただ、、、ものすごく元気になった。元気にさせてくれた。
携帯でシャッターを押したのですが、それ以上に生をみたくて、押したらピンボケでした。


蓮風のライブは、ユーチューブでも見れます。
私の説明不足な部分は、補ってくれると思います。
また、HPとかで活動状況もわかります。

来年も来て欲しい。。。




*「のぶ~かっこいい!!」っていう最初の声かけが、みんな声が合わなくて、まさ、
「今度は私のときは、慣れたので息を合わせて」で、我々に要請したのが、、、
「まさ~かっこいい~おとこまえ~~日本一~」って長いものを要請するんです。
したらのぶ。太鼓をたたくのをやめて、音を消して、ぺっとぼとるの水を飲みだしたり(笑)
まさ「じゃあ、、、のぶの機嫌が悪くなってたまに音を消されますので、今度は短く」
ってなって、、、「まさ~日本一!!」って短縮になったわけ。。。
去年もこうだたかな~でも新鮮味があったぞ。。。



... 続きを読む
暑いね。。。

涼をどうぞ。。。

160702_1539~01



入り口にはね、、、こんなポスターがはってあったんだよ!
160702_1537~01

そう!!ナイト営業!!だけじゃなく、、、、、
画像(ポスター)の右下だよ!!
って、、、、見えないって(笑)


(スルー)・・・・・・


そう、、、、連風さんが、、、帰ってくるんだよ!!(天然ゆえに、、、切り替えが早い)

昨年の連風さんライブはこちらから

去年はじめてみて、すっごくアットホームで、でもどこかこだわりがあって、、、
去年みたときは、、、太鼓をドラムみたいに扱ってて、、、すっごかったよ!
しかもそれが、ね、、、、ぜんせん、ちゃらくないの。。。これも彼らのこだわり。。。
MCも大阪人らしくって。。。

なんか、自分とつい重ねて見ちゃうのね。。。
その彼らが、約一年ぶりに帰ってきます。
成長したバージョンアップした彼らに合える。そう思う。楽しもう!!

でも、彼らにとって、お金にならない仕事だと思うけど、、、
それでもそこへ帰ってくれる彼らが、嬉しい。また見れる!!嬉しい!!
俺の仕事もそうで、、、メジャーになれたらそれに越したことはない。
でも、、、やっぱり、、、ね、、、目の前の一人が、大事なんだよ!!

7月18日月曜祝日

昨年は秋だったけど、、、今年は夏。

夏の楽しみが、、、ひとつ増えたよ。。。



あ、、、、その余韻に浸りながら、、、俺だけが感じてる名所。「無音のせせらぎ」
・・・・・そこに来れば、消音されるばかりか、どこか澄んだ空気が、一段高い地へ来たかのようで。
今は、アジサイ畑になっていました。
160702_1544~01




夏って、、、いいね。。。。



夏を、、、楽しもう!!



堺は、祭りが多いから、いいよ。。。。。



今年もいくぜ!!



「夜市」・・・・・・・7月31日。



去年も行ったけど、、、
ブログには書いてないの。。。
今年、二年分書かせてもらうよ。。。



地元のスタバへ。そうそう、千利休と与謝野晶子の展示場の近くの店です。
いつものおねえさん、と俺が勝手に感じてる人が、これまでのブログ記事で何度か登場しましたが、
同一人物だったり別の人だったりして、、、数えたら何人だろう???今日もそのうちの何人かと。。。

レジの待ち時間。そのうちのふたりから、抹茶のケーキと抹茶のドリンクが。試飲・試食。
水でもいけるらしい。
でもまだこのとき、、、これからおきることをまったく想定してませんでした。

今日のレジは、新人か今年入ったばかりだろう店員にあたりました。

今は、アフリカキタムという「入り口が深いけど、最後には酸味が残る、カティカティとは逆パターンで味がやってくる。でも終わってみれば、カティカティそっくりのやつ」と、「さっぱりしてるけどどこか味気ないアイスコーヒーブレンド」と、そしてカティカティ。この3つが主。最近はアフリカキタムを飲むことが多く、終わってみればカティカティ、、、っていうその感じを楽しんでいた。

でも今日は、ほっとがそのアフリカキタムで、
アイスは味気ないアイスコーヒーブレンドと、濃いチョコっぽいドラゴンブレンド。ちょっと重くなるドラゴン。
で、おれはしばしどれにするか迷っていた。

その女性店員「今の時期はこの3つ(アフリカキタム・アイスコーヒーブレンド・カティカティ)で・・・」
と話になり、
「一番人気は、、、カティカティなんです」って嬉しそうに。。。

そこから話が深まっていきます。
だって、今年のカティカティでも一番人気だったら、去年のやつって、ね。。。
それを語らずには居られなかったの。。。

俺「カティカティって、去年とちょっと違いますよね」
店員「そうなんです。毎年毎年変化があって、味が変わってるんです」
俺「そうなんですね。やっぱり。。。自分は、去年のが好きで。。。(忘れられなくて。。。)」
店員「じつは私、今年からで、去年のカティカティ知らないんです~去年ってどんな感じですか???」

てな感じになり、ついつい思ったことを話したくなってしまい、、、

俺「去年のはね、、、フローラルな広がる感じがいっぱいに広がって、ふわ~ってこう気持ちよ~く広がりきってから、、、ちゃんと濃いものがやってくるんです。でも今年はね、、、その広がりきる前に濃いものがやってきてしまうから・・・・・・そう、あの気持ちよく広がりきる感じがね~それで去年のやつがね。。。最高なんです・・・・・・・」
店員「そうなんですね~」
俺「個人的にはさっぱりしたほうが好きで、(ちゃんと広がりきる)あの去年の感じが好きで」
店員「私の場合は逆に濃いほうが好きなんです。でもフローラルな感じ、ありますよね:笑」
俺「そのフローラルさが、、、去年はね・・・・・・(顔がにやけています)」

と、カティカティ話になってしまったところで、おねえさん。
「そうそう、、、少しお待ちいただくことになりますが、プレスサービスといって・・・・・・・・・・・」
というその言葉を受けて、、、俺、、、
「(ほっとだけじゃなく)アイスでもいけるんですよね???」

という成り行きで、、、二度目のプレスサービス!!




今回は先に、待ち時間の前に、
今日の「アフリカキタム」の試飲サイズ。あと、抹茶のケーキとドリンクを少量。くださった。
そしてワクワク待つこと約5分。。。ミルに入った「カティカティ」と、氷がいっぱい入ったマグカップ。
わざわざマグカップにコーヒーを注いでくれた。

でもそれだけじゃなく、、、「ちいさなカップ」がそえてあり、オレンジシロップが微量。
「混ぜてもいいし、コーヒーの後から舌で味わうのもよし」とのこと。
そう、、、アイスコーヒーには50円増しでこのサービスがあり、その感想は、こちらの記事で

さて、、、そのプレスサービス版カティカティを口に含む。

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

あれ???透き通るように、入っていく!!

でも、あまりフローラルは感じないな???
でも、濃いものもいつも以上にやってきたな。。。

でも、、、それ以上に、透き通るように入っていく。。。
でも、、、味気なくもない!!

と、今回は可もなく不可もない感じがした。
そこで、残り少なくなったところで、シロップを少し入れてみた。

すると、、、

あれ???オレンジチョコって感じで。。。
でも、、、少し味が、ごちゃごちゃになってる気もする???

と、何だが今回は、マイナス感情ばっかりで(笑)

最後に、、、シロップだけを少し舌で。。。



すると、、、
すると、、、



どうして???
どうして???



そのオレンジ味が、、、恐ろしく溶け込んでいくじゃないですか!!
しかも、、、心地よく調和して、、、



こんな隠し味が。。。こんなトリックが。。。



しばらくして、その店員が回収にきた。「どうでした???」
だいたい今のようなことをしゃべった。
それに追加して、このことも言った。言いたくなった。言いたくさせてもくれた。

「去年のカティカティはね、、、ラズベリースコーンと恐ろしく合ったんです。これ、店員さんから教えてもらって、ためしに。したらすっごく入りやすくスッごく合ったんですね。。。でも今年はまた味が違うでしょう。。。去年はベリー系。今年は柑橘系が合うのかな~って思いました。だから今度カティカティを飲むときは、オレンジ系のケーキと一緒に頼もうかなって思ってます」

店員、嬉しそうに聞いてくれた。

混ぜるのではなく、別々にしたことで、ここまで違ってくる。

そのことを味わわせてくれた今日の店員さんに、感謝。。。



そして、、、、、その店員さん同様、、、、
叶わぬことだけど、、、
去年のカティカティが飲みたい思いも募ってきた。。。




あえてここがどこなのか、は申しません。
ただ、人の手が着けられない自然であること。
ここしかない、かのような風景だということだけです。

160601_1509~02160601_1510~01
160601_1520~01


せせらぎだけではなく、断崖、岩肌がとっても素敵なんです。
いえ、せせらぎを聞きながら、上を見るのがいいんです。
せせらぎというBGMで岩肌を見るのがいいんです。


もちろん、そこへ行くまで(車で行きました)の景色こそすでに日常を離れ、
普段(人生を)歩いてる延長線にはないものでした。
車を降りた瞬間から、音から違ってましたし、その空気も違ってました。

自分のハート次第で、気分はいくらでも変わるだろうけど、
自然が何かをしてくれるわけじゃないけれど、
でも、、、その自然に触れただけで、どんどん自分が変わっていく感じ。

あっちの見どころ、こっちの見どころ、、、
自分の車なので、好き勝手に行ったり来たり、、、
何度も堪能した。何度も素敵な気分を味わった。

そうして夢中になっていくにつれて、ずっとそこに居たくなる。

だんだん、帰りたくなくなってくる。。。

自分はいわゆる「お仕舞」というか「終わり」というか、
そういうのが、すっごく悲しく感じる人で。
だから、けっこう長くそこに居た。離れたくなかった。

ただ、、、なんだかいっぱい栄養を吸い取れたことが嬉しくて、
「ありがとう!」「ほんとうにありがとう!」
って自然に話しかけてた。誰も見てなかったから、素顔のまま表に出してみた。

するとどうだろう。。。

ほんとうに離れたくなかったはずが、、、完全に満たされ、、、
もうそのときには、後ろめたさもなく、むしろ、何だろう。。。「スッキリ」した感じ。
決して、諦めとかじゃなく、、、気張った感や気負いとかでもなく、やせ我慢でもなく。。。

ただ、、、自分のなかで、何かが満たされたんだと思う。

いつもだったら、行ったその日にブログに書いてたんだけど、
その日はパソコンも見ず、テレビも見ない。そんな日にしました。
で、今ごろ書いています。今も、すっきりしてます。

そこでふと思ったのが、俺の仕事。

俺の仕事は、お客さんにトレーニングを教えること。運動効果を提供すること。
トレーニングだけなら、一人でもできる。たしかにできる。
でも、それでも自分が必要なのは、「日常を離れること」にあるんだ、と。

「これまで味わったことのない感触を味わって、楽しんで、奇跡を起こすこと」

たしかにうちは、世間一般では考えられないような発想ややり方。
でも、だからこそ、自分が自分として「自然」であること。
たとえ遠回りだったとしても、築いた自然を伝えることで、いつかわかる日がくる。

ありふれた日常でそれをノルマみたいにこなすのも、ひとつ。
でも、日常を離れることで、その人すら知らなかったその人らしさが発見できたりしないか。
科学的根拠を超えた、自然的な根拠。摩訶不思議。そういうところに、豊かさがあり、
自分が求めてきたのはそういうことで、提供しているのはそういうこと。

さっきの写真のその自然風景は、若い頃から好きでした。本能で好きだった。
今振り返れば、自分は、そういう部分をいつしかヒントにしてきたのだと思うし、
この仕事に愛を感じ、夢を感じ、豊かさや幸せを感じる理由だったと思う。

自分の原点は、そこだった。

小さくてもいいから、隠れててもいいから、今あるその仕事に幸せを感じ、
自分の流儀で過ごしていきたい。いや、そうすべきだ!
時に、日常を、離れてみる!!そんなトレーニングやそんな仕事でありたい。

そして、楽しさや豊かさいっぱいだから、終わるのが恋しくなる。
そんな風でもありたいけど、「ありがとう!」の一言で、元気ある日常へ帰っていける。
テーマパークのような夢の国や希望の国。でも、そこから離れても、、、みたいな。

そんな夢の国や希望の国を支える自分でありたい。