指導を受けた方ならわかる話、、、私、恐ろしい観察眼でしょ???見てないようで(笑)。

つまりそれだけ「無駄のない調和した動き」を知っているせいか、お客様の動作ひとつとっても、
「どこでどのタイミングで、余計な筋力を使ったのか、余計な動作が入ったのか」
が、“見てないようなのに”すごく敏感に自動的に“見切って”しまうのです。これが結論です。

ウエイトは、人を熟練してくれます。
つまり、熟練とは、余計な筋力や余計な操作で、ますます鎧を何重にもまとうのではなく、
・これら鎧が日々剥がれ落ち、無駄がそぎ落とされ、必要な分だけが残ること
・その残った必要な分にたいし、さらに磨きをかけていくこと


調和された理想の動作、アシスト感ある動きになっていく。
しかし、それだけではないのです。これは他動的な効果ですが、
動きにどこか無駄な部分があれば、意識せずともそれに気づいてしまうのです。

つまり、、、「そこしかない、、、」という動きに常に自動的に気づいているのです。
意識や感覚を研ぎ澄ますことなく、できたできなかったの区分ができてしまうのです!!
これを、「動きの絶対音感」と自分は命名している。

それだけ「予備知識のない」「鎧が剥がれた」素直な動きだからなせる「究極の判断力」
つまり、、、無駄のない総合力・潜在的な究極の知恵です。
そして「重り」は、、、どなたにも「それ」を引き出してくれる「魔法使い」なのです!!

正しいウエイトトレーニングの一番の効果やマクロな効果は「そこだ!」と私は言い切ります。

しかも、、、絶対音感である以上、、、、、ジム内だけでしかそれが伴わないのではなく、
ジム外、つまり日常の歩行から、スポーツ・練習の段階にいたるまで、
この絶対音感が着いて回るのです。これが実用性の正体!!


「あの動きなら絶対音感が働いて、この動きならそれが働かない」・・・そんなことありえませんし。
そうだとするならば、きっと考えすぎて余計な何か(意識や操作など)が働いてしまったのでしょう。
それぐらい「シンプル」なものなのです。迷いが一番の大敵。ほんとうの敵は自分の心。そういう話。

また、そういう動作が自動化して日々過ごすわけですから、
そう動いたとおりの「理想の身体」「素晴らしいコンディション」にもなる。
良い動きが自動化するわけですから、負担もなく、ストレスフリー。流れも良く、温かい。健康そのもの。
太りにくく代謝も活発。それだけ調和していますので、自立神経系も整うことでしょう


この動きの絶対音感は、
脳まで喜ばせ、人をシンプルにストレスフリーに健康にさせる万能薬なのです。
すべては、「そこ」だったのです!!


関連記事
スポンサーサイト
Secret