FC2ブログ
2020.04.02 おことわり
こんにちは!!
フロントスクワットにもだいぶ慣れてきたんだよね
パーソナルトレーナーの武田さんです





スムーズでしょ



こういうご時世、これからのご時世、を考えれば
間違いなく、、、トレーニングの需要が一気に増すと思うんだ
でもふと思ったこと。。。あるいは俺の目線だとなかなか感じにくいこと。。。



きついことを課すことがトレーニング
しんどいことを我慢するのがトレーニング
カルテに沿うかのごとくノルマに従って修行みたいにすることがトレーニング

ようは、

効果や成果のためには「犠牲」をしなければ実現しないもの

あるいは、

結果を出してる人は、それだけ苦労が絶えない



私はね、そういう誤解を払拭したいんだ
重りひとつ扱うでも「お腹にしっかり力を入れて」とか。。。
まるでこれじゃ「どうすれば抵抗できるのか」「どうすれば抵抗に負けないのか」じゃない



そこが、、、違うんだよっていいたいんだ



だから俺は、、、見本をみせて、動画を載せて、自らが実践してる。
半分は個人の好みだけど
っていうその半分ってすっごい大事



だって、、、しんどくないもん



自慢に聞こえるかもしれないけど、、、
あえていうと、、、こういうことなんだ
「やり方が、、、、うまいからね・・・・・」

自慢
嫌み
ま、もしそう聞こえるとしたら、
俺に問題があるんじゃなく、そういうものの見方をした人に問題があるんだ



というか、、、今、、、すっごい大事なこと、話したんだよ



少しこのことを、、、考えてみてよ。。。



・・・・



・・・



話を再開。

俺にとってのウエイトトレーニングとはね、、、
ウエイトトレーニングとは何ぞやって訊かれたらね、、、
即答で「以下のように」答えるさ



愛でるもの



まずは扱うウエイトを愛でるのさ同時に重さも愛でる
でもそれ以前に「自分のこと」も愛でてる
そして「類は友を呼ぶ」という公平な宇宙のしくみもそう



愛でないから、、、抵抗してしまうんだ
抵抗することで「状況を変えよう」ってすることが一番の問題なんだ

愛でれば、安全なんだよ
愛でれば、心地よく楽しいものなんだよ
愛でれば「自己肯定」になるんだよ

抵抗すればするほどますますの抵抗がやってくるんだから。。。
そんなときは「愛でること」に限るんだ
そう、、、俺が伝えたいのは、、、真の健康さ



ウエイトトレーニングほど「豊かで優雅な運動」もないって思うけどね。。。
そしてウエイトトレーニングほど「このこと」を「教えてくれる」運動もないと思うけどね
俺が伝えてるのは「愛でること」だけなんだ

俺がやるような
逆らわないこういう動きで過ごしたり動いたりトレーニングするだけで、
心からの至福感さえも感じられるんだ



今日もいっぱい愛でようね


関連記事
スポンサーサイト