ウエイトトレーニングにおいて、重りを扱う際に多く出る質問のひとつ。
それが、、、


「どういう速度で動かしたらいいんですか???」という質問。


今回はこの議題で話を進めます。

一言で論理で片付けてしまえば、
「目的によりけり」で速度は決まる

しかしこれでは、
「“見えない部分がもみ消された”見える化」
でもあるのです。

そのもみ消しを暴けば、こういうことになります。

×わざとらしくゆっくり動かしてぷるぷる力んでしまったり、
×わざとらしく速く動かして力んで硬かったり、
×出だしを勢いよく゛ぐっ”とか“どふっ”とか、実感あるも、皮肉にもじつは二段モーションだったり、
×速く動かす工夫なのか、負荷を交わしてかくんと乱れ後手後手になって代償で発揮させてしまったり

力も速度もあるのに、
当たり負けするとか、ワンテンポ遅れているとか、硬いとか、負担が大きいとか。
そう、目を瞑ってはいけない部分なのです。


ではその見えない部分を紐解いていきましょう。
うちはひとつの好奇心で「あり方」で常にみつめています。
結論から申せば


速度は「自分で作るものではない」

自分で速度を作らなくても、
(同じ動作で)速くも遅くもできる自在性がある

これが真実だ。


具体的にいえば、、、



重りの速度に合わせるだけ



そう、、、重りとの呼吸だったのです。でも難しくはありません。
受けるというだけで、力の方向や速度がすでに「用意されている」ぐらい!!
受けるだけで、「レールが敷かれてしまう」・・・・・正しく行えば、そういう実体験が味わえます!!

しかも、呼吸が合うということは、ある一定の「保存」という器のなかで「自在性」を持つ。
つまり、、、合うか合わないか、が大事で、
究極のことをいうと、遅い動きで鍛えていても、速い動きのコツが鍛えられている!!
もちろん、速い動きで鍛えることもできます。(保存の範囲で/その最速が、ウエイトリフティングの動きなど)

私の指導経験上、実際に速い動きとは、もっとやわらかいもの、静かなもの、のはず。
ただ、保存が乱れるから、下手な神経系で速くしたり、小手先の意識で固めたりするのでしょう。
だから、、、変に実感ばかりある。。。。この実感、、、すごい誤解ですもんね!!


大事なことは、、、「受ける」ことです。「受けた」ことで「何か」が掴めてしまうのです。
それぐらい、重りは、身体に教えてくれています。どなたも身体は賢いのです!!
動きには、「絶対音感」のようなものがあるということも、正しくやればきっと感じられるでしょう。


速さを求める前に、みつめる目線があるのです。筋トレではなくウエイトとしての「何か」を。
そのヒントが、重りというヒントが、与えられている。それが「ウエイト」です。


関連記事
スポンサーサイト
Secret