FC2ブログ
うちが求めてるのは、「体の使い方」ありき。
すばらしい体の使い方で行うから、トレーニングの質が激変するのです。
何をやるか、ではなく、どうやるか。

そこが、違うのです。

良い体の使い方に見合う体型・体の質・強さや実用性になります。
普通に考えれば、鍛えれば疲れる。硬くなる?など。
うちは、鍛えたあとのほうが、やわらかくなります。

繰り返します。
見返りを求めて我慢して痛めつける。あるいはその痛めつけることを楽しむのではなく、
かなった自分として、楽しくそれをこなしていく。それ自体を目的にしてしまうことで、
続ければ、面白いように、変わっていけるのです。

その体の使い方とは、、、、

繰り返しますが、「かなった自分としてこなす」
そう、、、かなっていない自分として、今の自分に上乗せするんじゃなく、
すでに、それが、できている、という発見。
言い換えれば、、、余計なこと(動き)、無意識にしてるんです。それをなくす。
「しなくても、、、できていた」の気づき。

そういうことを、ウエイトトレーニングを中心に、体で味わってもらえます。
力って、こういうことだったんだ。
運動って、こういうことだったんだ。
目からうろこ、な発見を楽しみ、それ自体をその時間を、遊戯しましょう。
そういう習慣が、、、あなたを変えてくれます。



メソッドよりも、そのこなし方。
着飾っていびつになるんじゃなく、
なくしたり捨てたりすることで、大事なものが残っていく。

必要なものだけが、残っていく。大事なものしか集まらない。




基本は、スクワット。でも応用も、、、スクワットなのです。




上は、たとえば、、、の話であって、スクワット至上主義とかそういうかたちじゃありません。
情報も、結局は、あなた自身が選ぶもの。
自分のなかに、判断基準を。




また、体の使い方、というのは、
できてた自分に気づくこと。
シンプルに、、、これまでしていた二重の動作を、やめること。

二重の動作だって、案外気づかないもので。。。
その気づきを、与える、きっかけを作るために、私がいてるのです。
二重が取っ払われたとき、、、眠ってた自分が目を醒まし、覚醒することでしょう。

人事を尽くして天命を待つ・・・・こういう受身、見返りを乞う澱んだがんばりじゃなく、
天命を信じて人事を尽くす・・・かなった自分として、今をそれを楽しむこと。

目的のために、我慢する課される前者を脱皮して、
かなった自分として、結果や未来への犠牲じゃなく、それ自体を安心して楽しむ。その持続。「今」をそれだけ大事にできるか。しかも、自分を大いに肯定して!!




大丈夫!!それでいい!!




その取り組みが、、、あなたを変えてくれるでしょう。。。




[広告 ] VPS


[広告 ] VPS
関連記事
スポンサーサイト