FC2ブログ
2018.06.17 進化の途上
結論から申せば、
これまで賛成していなかったからだの使い方を、肯定した
ということで、その新しく肯定した体の使い方を紹介します。



ですが、文字だけで説明するのも困難で、ましてや右脳的な私ですので。。。笑。
ここは、動画で紹介します。
今までのを「旧式」、新たに肯定したものを「新式」とします。

まずは、自重運動(腕立て伏せ・スクワット)から。旧式は、こんなふうに、ふわふわと。

[広告 ] VPS


で、「新式」は、こういうふうに、キレます。

[広告 ] VPS




今までは、新式のような「跳ね返すような動き」は、否定していました。
でも、、、ものは見方です。
跳ね返「す」、じゃなく、跳ね返「る」

肯定したきっかけは、
このような新式の動作も、日常でたくさん発生することに気づいたから。走るのも。ね。。。
また、スポーツでも必要なときや、こういう知恵があったほうがいいとも考えられる。

ただ、、、

旧式が間違いで、新式が正しい
旧式がだめで、新式が理想
とはいってません。


それは、用途の問題であって。

言い換えれば、
回転するながれが旧式。
直線的な新式。


別の表現、
面で捕らえるなめらかな旧式
点で捕らえるキレある新式


だからあとは「用途の問題」
でもどっちも、、、素直な動きだと思いますので、
むしろ自然と切り替わるようにも思えています。

旧式でこり固まると、はねるべきときにそれを押さえ込んでしまう。
下手すれば、ワンテンポ遅れかねない。
してもいいし、しなくてもいい。
今までは、一方にしかなく、他方を「してはいけない」としていた気がします。



追加すれば、
新式からいきなりやるよりは、
先に旧式を覚えたほうが、理想だと思う。

なぜなら、さっきと重複するけど、力んで力んで「跳ね返す」になるから。
怪我や負担の元になるから。
だから、逆らわないながれを、逆らわないうごきを、覚えたほうがいいと思う。




では今度は、バーベル運動なら。。。なじみの旧式は、やわらかい。
[広告 ] VPS


新式は、、、、、、跳ね返「る」
[広告 ] VPS




おまけ。



その新式は、跳ね返る要素ですが、じつはこれこそ、
スナッチやクリーンの「セカンド」で使えば!!
なんてことをすでに。。。



進化の途上です。



いいえ、、、進化というより、認めた。受け容れた。許した。包容した。大人になった。


関連記事
スポンサーサイト