FC2ブログ
思うんですね。。。

この仕事やってて、一番楽しいときって、、、
運動効果が出たときも嬉しいけど、伝わったことなども嬉しいけど、
新しい何かを発掘できたときも、そりゃもう、嬉しいに決まってるけど、、、



なんで、指導者やってるの。。。。
なんで、パーソナルなの。。。。。。



その原点は、、、自分が高校生のときに一度味わったことにありました。



好きなんですよね。。。その魅力を伝えたいんですよね。
そして、、、
誰かに携わるそのひとときが、楽しいんですよね。
弱音を受け入れてあげて、そういう人を救ってあげたいって思う気持ち、なんですよね。



この記事に詳細は載せていますが、もういちど振り返ります。



そのせんせいは、ちいさな「できたこと」を次々に褒めてくれました。
それが嬉しくて、自分もどんどん、成長していきました。
部活では叱られたことしかなかったのが、その先生も体育の授業では厳しかったけど、



「マンツーマンやから、硬くならんでええぞ」



この言葉が、、、今の自分のすべてを物語っています。
自分のパーソナルでは、厳しい言葉がなく、認めてる感じなんです。
できても認める。できなくても認める。褒められないと認めない、、、、じゃないんですね。

だから、まるでスラムダンクの安西先生になったような気分で、私は仕事をしています。

そして、マンツーマンだからこそ、、、受ける側も弱音を吐ける。
「人並みにできなくても、、、この人には認めてもらえる」
そういう空気を持てるのが、パーソナルでもありますし、
トレーナーはそのことにむしろ「やる気」「やりがい」を感じるものなんですね。。。



負荷を敵にしない私の動作と同じで、

[広告 ] VPS



どんな人にも、その人を受け入れ、認め、
そして、そっと手を差し伸べてるその時間が、生きがい。。。
やっぱ、楽しいんです。。。何年味わってもこの仕事が。。。

関連記事
スポンサーサイト