2017.03.20 感じ方の開拓
これは、今では却下した内容です。
でもいろんなことがわかりました。
こういうのも、大きな収穫。
以前トップページに採用していた動画です。
じつはこれまでの動きをひとまわりバージョンアップさせた動きでした。
自分の実感とおいかけてるものを、今回は紹介します。その前に動画を。
[広告 ] VPS



動画の前半から中盤のクリーンでは、ジャンプ動作と同時に肩がすくむ動作(シュラッグ)が「自然と」と入るのですが、以前は、腕は肩や肩甲骨・鎖骨と一体化してるから、バーベルを手でぶら下げてるのではなく、もっと中心でぶら下げている、と見解しました。それ自体は正解だと思っています。

しかし今回は、ようは「天井を向いた部位」から落ちるためにも、より単純にそうできる工夫。

そこに気づいたというか、もちろん力むわけじゃありません。
言葉でいえば、、、
「自分が、、、ある」という感触や実感。

ニュアンスでいいますが、
ただ単に「のほほん」と過ごして生きて惰性で流されるように感じるのか、
明らかに「自分が、、、ある」と実感して触れていくのか、
の違い、とでもいいましょうか。。。

「自分が、、、ある」と実感することで、
「体のそこ」に自分が集約され、他が安心してリラックスできる。
きっとリラックスしてるときは、落ちてるはずでしょうし。

つまり、考えたり管理したりしなくても、結果的に「天井を向いた部位」から落ちてくれる。
手挙げにもならないし、根本から体も使え、上下がよりつながり、一本通る。
繕った軸じゃなく、リアルな軸だから。

ただ、、、力むと元も子もありません。
「自分が、、、ある」
ある、と感じるだけで、力までは入れてない。存在を認める、そこを認める、というか。

高い部分の真下には自然と低い部分が来ます。それが重力環境だと思います。
でも、通らなければおかしい場所みたいなのがあって、
そこの存在を認めることで、これまで以上の落ち方やつながりや脱力が叶うような。。。

今、それが手さぐりどころか確信めいた実感があり、
他の動作でも、あまりに動けてしまい、しかも「ラク」
上下のつながりや考えずして動けてしまう心地よさ。動ける楽しさ。

天井を向いた部分から重力がかかる。
天井を向いた部分で重力を受け止める。
もしかしたら、もっと違う場所で先に重力を感じ、受け止めているのでは???

そういう実感をあえて受け止めています。

でも、「その場所」を真似事で「固めたり」しても、他の部位まで力んでしまいます。
「自分があるんだ」という感覚だけではなく、
これまでどおりの「重力の受け方」や「脱力」。こういう基礎があって、できるものだと思います。

実際に、固めるほどでもないし、「ある」というだけで、
ほかの体の部位は、「放任」ようは「放ったらかして、任せている」
それで結果的に、なぜだかおそろしくつながってしまう。でもラク。

この感覚は、、、「自分がある」という強い意志。動揺しないもの。
固めて気張るわけではないし、
意識でがんじがらめにするわけでもない。

今までの「落ちる」というエンジンに、ターボが効いた感じ。
でも、ターボを効かすにも、元のエンジンがちゃんとしてなくては、ということ。
何というか、ようは、あるんです。あとは、それに見合う自己信頼度。そういう次元です。




関連記事
スポンサーサイト