ウエイトトレーニングをする理由はさまざまです。競技力を高めたい。ダイエットしたい。体型を整えたい。筋肉をつけたい。機能的になりたい。運動不足解消やストレス解消。などなど。そして、たしかにやり方や考え方もいろいろあって、その用途に合わせたやり方や考え方を選ぶことになるのでしょう。

ここまでは普通の内容です。
しかし、こういったことを触れても、
本人の感じ方の良い悪いで、理解のされ方もがらりと変わってきます。

「やりさえすれば、結果が出る」みたいに考えていると、おそらく結果も出にくく、やってる最中もいまひとつ充実もしないでしょう。そこには「感じる」ということが欠如してるからです。「感じる」ということが欠如してると、自分で判断できてない、という意味ですので、「正しい判断力」が芽生えません。「耐えれば結果が出る」・・・これが、耐えても耐えても結果が出ない一番の理由だと思います。

では、どのように感じればいいのでしょう???トレーニングとは痛める要素。だから休養と栄養が大事。そう思いこんでトレーニング中は「いためること」「いじめること」を感じればいいのでしょうか???たしかに体は作られます。しかし、機能という面では間違いなく低下します。それは、やっててそういう動きを(自覚があるなしに関わらず)感じてるからです。でも、これも「感じ方が悪い」と、「その苦痛や違和感」に「疑問すら」感じません。歯を食いしばる。おなかを力ませる。筋肉が焼け付くようにパンプアップ。体の発達にはいいでしょう。しかし、機能では、そういう動きが刻まれます。耐える能力がぐんぐん身につきます。しかし、同時にいえるのは、「危機を感じる能力」や「判断力」が低下する。そう思います。

やる最中の実感が大事です。ようは、どう動いたのか、が大事です。それが、もっとも理に適う動きであることが、最重要だと感じます。重さが過負荷としてかかるウエイトトレーニング。それだけでじゅうぶん、体も発達はします。それだけではありません。「動作の記憶」もされていきます。良くも悪くも。「挙げなければいけない」という思考は、「挙がらない」という感情の表れです。

交感神経優位が悪いわけではありません。それが「ポジティブ」に働くか「ネガティブ」に働くか。そっちが大事です。やる気がみなぎる。楽しくて仕方ない。そういうときは「ポジティブ」になっています。だから、「しんどくなったら、休む」「おかしいと気づいたら、立ち止まる」などの判断ができます。このときは、自信を持って休んでいる。休むことを許している。だから、思い切り休めている。これは、ポジティブな副交感神経優位ということです。反対に「不安でやっていたら」、それはネガティブな交感神経優位。「抗う」「闘う」「我慢する」これらも一緒。だから休むときにも罪悪感を感じます。副交感神経優位への切り替えもしにくく、ストレスも溜まるでしょう。さらに今度は、覇気がなくなり、気力の低下。これはネガティブな副交感神経優位。脱力もこのように誤解されても困ります。

どうせ重りを扱うなら、私なら、「やる気がみなぎる」「楽しくて楽しくて」「不思議で面白くて」「快適で」という手法を選びます。不安の裏返しで動かすのではなく、「信じる気持ちを持って」やるのです。無意識に人の思うことは、無限です。でもその無意識が現実を生むこと。私のなかでは、重りの重さを、普通に受ければ、普通に挙がってくれる。理屈もなく動いてくれる。考えないほうが、その思考を捨てたほうが、自然体でうまくいく。そういうものだと思います。受け容れないから、筋力で戦ってしまうのです。だから、苦痛になる。硬くなる。実用性が生まれない。重りを受け入れ、自分と重りを信じきれば、重りが動きを運んでくれるもの。だから快適で、楽しくなる。でも充実する。温まる。ポジティブな意識が、ポジティブな結果を生むのです。そう感じます。

どういう気持ちで取り組むか。それによって、結果もがらりと変わるし、人としてのあり方や生き方まで影響を及ぼすと思う。あるいは、生き方どおりのやり方にもなってしまうのかもしれませんが。。。「結果のためなら手段をいとわない」という生き方なら、そういうやり方を選ぶのだと思います。でも生き方がそうであるように、「本人の素直な感じ方」が低く、「我慢」と「争い」で生きるので、おだやかではないでしょう。いつも負けてる気分で生きてるような気がします。私には耐え難いことです。感じ方を捨てて、ねばならない風の思考に走り、いばらをわざわざ選ぶのではなく、感じ方を大事にし、いばらを避ける判断力にしたがって行動したほうが、日々のプロセスに満ち足りるし、つまりそれは、日々勝ち癖を刻むことになり、いつまでも向上することを意味します。

うちは、結果もそうですが、ある会員様のことば「これまで習い事という習い事は1~2ヶ月も続かなかったけど、こんなにも長くしかも我慢がなく続いているのは、(このトレーニングが)初めてだ」など、プロセスを大事にしてるから、結果もでるし、しかも楽しく継続できる。我慢でそのばしのぎ風。それが悪いとは言いませんが、我慢のない、豊かで、それでいて好転していくやり方だって、あるんです。そういうものだと、トレーニングの世界を通じてですが、思います。気張らない。踏ん張らない。我慢しない。いばらを選ばすして、それは実現してもいい。罪悪感なく、叶って良い。




関連記事
スポンサーサイト