運動って、とくにウエイトトレーニングって、思うんですが、

テスト勉強のような「ここ、テストに出るから、しっかり覚えて置くように」風の注意の仕方。
ようは、「その注意事項が、ありありとわかる動作」
「そこを、しっかり、注意してますよ」風の動作。

実際にやればわかるけど、間違いなく動きが硬くなります。
しかし、そこが「専門性」という圧力なのか、それが正しい、と思い込まされる。
結局、、、思うんです。。。好きでやってないんだな。。。って。。。



安心感も安定に摩り替わり、最低源さえよければそれでいい。
そうやって「我慢」で取り組むんです。
我慢のさせ方の旨さが、専門性に摩り替わるんです。

私なら、、、我慢するぐらいなら、「やりたい・やりたくない」の判断を煽ります。
それでもそういうものだから、、、とおっしゃるなら、その人の責任でそうしてもらいます。
でも、そこに疑問を感じる人なら、「どうすれば心地良いか」一緒になって探します。



落ちる、という動きは、はじめから心地良いものを探しぬいた動きです。
注意点すら包み込んでしまえる「動きのながれ」があります。
テスト勉強の暗記物のように、我慢して、構えて、覚えよう、覚えなければ、ではありません。

重さを感じられれば、、、あなたの体は、どう反応するでしょうか???

それを、その実感を、楽しんでもらってるまでです。


結局それが、、、「ここで言うところの」テスト勉強をせずしてパスする方法、というか。。。
せっかく自分でできてるのに、
みすみす他者承認に陥って自信をなくすような愚は、避けたいものです。



関連記事
スポンサーサイト