これまで私は、さまざまなレベルの方を見てきました。世界レベル・日本レベル・関西レベルあるいはまったくの無名選手、そういう基準とは無縁の一般中高年など。ただ思うのは、「こういう人がうまくいってたな」という感じや記憶だけはあります。そういう人は、選手レベルとしてだけじゃなく、人として一流なのかな???と感じずにはいられませんでした。



「自分の分野では一流でも、トレーニングの分野では、一年生」



そういう気持ちが、吸収するでも「素直さ」となり、貪欲さを生みます。

「でも・・・・」とは言いませんし、疑いなく信じます。実際にそう私に言ってくれたアマチュアゴルファーもいました。「武田さんを信じてるから・・・・・」だから彼は、スクワットでは60kg程度しかできないのに、でも動きがすばらしいから、ドライバーで300ヤードを超えたり、プロにも勝ったりするなど(彼は会社経営者です)、成果を出されたんだと思います。知ったかぶった質問などはありませんでした。たたただ、実感を楽しんでもらえ、「落ちる」「等速」など、その言葉を自分の言葉のようにゴルフ仲間に楽しく語らっていました。

実際にこれとは反対に「でも・・・・」とおっしゃる方も数多くいました。ある方は、「トレー二ング後は筋が弛緩する」ということを「感動」と捉えませんでした。私の「落ちるスクワット」でたしかにほぐれはしたものの、彼いわく「重量から解放されれば、軽く感じるものじゃないんですか???」。そこで、彼が普段からやってる「私が硬い動きだと指摘したスクワット」をやっていただき、その後腰をぐるぐる回してもらいました。すると、、、(腰まわりががっちがちで)言葉を失っていました。でも思えば、最初から「信じよう、としてなかった」のだと思います。対立するチャンスを窺っていたのかもしれません。私もあのとき、実際には気分がすっきりはしませんでした。彼に恥をかかせた気分にもなったし、またどこかで疑うだろう、そう感じていました。

一年生になれるから、、、丁寧に感じよう、実感しよう、と謙虚になるものです。
自分のために、味わおう、とするものです。
損得勘定で、上級生気分で「裁く」ようなことは、しないのです。

信じる気持ちがあるから、今、この実践時間を大事にし、実感を大事にできるのです。
信じられる人は、他人に対して、もそうですが、「自分に対して」信じきれているんだと思います。
知ったかぶって、先ほどの例みたいに赤っ恥にはならないはずです。



「一流は、一年生になれる」



そう思えてなりません。
そういう気持ちが、感性を磨き、自分の成長へつなげていかれるんだと思います。
私も「刺激」になるぐらいです。




関連記事
スポンサーサイト