若い頃、、、いえ、、、つい最近までそうだったのですが、、、


お客様のひとつの質問にたいし、
私の好奇心でつい「10個も20個も」答えてしまう勢いで楽しく答えていました。
マニュアル返答じゃなく、楽しい空間にしたい思いから、自分が楽しみたいから。


角度を変えれば、また違う見方もできるし、
これが絶対、とは言い切れないわけです。
でもそこが「楽しい」っていえば楽しいのですけれど。。。


でも、、、それをやめてみようと思います。


最低限の答えしか言わない。


ただ、興味が沸き立つなら、向こうからまた良い質問をされるはず。


そのときが、私のほんとうの腕の見せ所だと思った。


ようは、、、、中立なオーダーメイドです。




関連記事
スポンサーサイト