先日と同じ動画。瞬発力養成だとされていますが、、、
[広告 ] VPS




重りの扱い方だけに照準を縛りますが、、、
でもこれは、重りの扱い方だけではなく、あらゆること通ずるのではなかろうか???
と感じています。



いちばんのコツは、、、



敵を作らないこと



ようは、闘わない。争わない。戦いのリングから降りる。



でもこう申すと、たいていはこう考えるでしょう。
「じゃあ、、、嫌でも我慢するの???」
ばっさり切らせてもらいますが、我慢するぐらいだから、すでに敵だということです。

でもまた、こういう風にも考えるでしょう。
「じゃあ、、、我慢して友好的になるの???」
我慢するぐらいだから、本心は嫌がってるということです。

仲良しごっこは一番疲れるでしょう???
我慢ごっこでしょうから。。。



重りに関していえば、闘えば闘うほど、感じる重さが増します。
闘わないことが、いちばん軽いのです。
それが「関係性」といわれるもの。

敵が生まれ、支配被支配、勝敗が生まれる。
でもこれらは、両者がワンセットで生まれます。
でも、どうして闘ってしまうのでしょうか???



それは、、、自分を否定してるからです。自分への肯定が足りないからです。
言い換えれば、自分に厳しいのだと思います。
そして、自分を見る目線と同じ目線で、相手を見ます。

つまり、敵は他者だけではなく、自分にたいしてもそうなんです。



明ちゃん体操のふたつめ。闘ってないのにすいすいと。。。
[広告 ] VPS

重くなっても、表情や動作が一緒。
[広告 ] VPS




重りだって例外ではありません。動画を見ていかがでしたか???
自己否定が限りなくない心地よい感じがあると思います。
重りも敵にしないし、自分も敵にしないのです。

相手を闘う敵だと見なす。それ以前に、自分を敵にしている。
それは、自分を肯定できてないから、相手も肯定できないのです。
相手を信用できないと感じると同時に、自分へも信用できてない、ということ。

また、自分への信用が足りないから、
他人軸になって、被害者意識になるのかもしれません。
「お前がやった」「お前が邪魔した」「お前が攻撃した」

あるいは、うまくいくには、こんな生ぬるいのではいけないんだ、とか。
あるいは、ゆっくりじゃだめ、一気にできなければ、とか。
プロセスを喜ぶよりも、ゴールから見た自分を否定したり。。。

やられた側受けた側は、「闘う」か「逃げる」しか判断できません。
原始的な脳による判断です。でもこれがもっとも強烈なインパクトとして記憶に残る。
鍛えるってそういうことなのでは???と疑わないのも、そういう影響かもしれません。



では、、、自分への肯定を増やすには、どうすればいいでしょうか???



自分軸で感じること。自分を満たすこと。自分をいたわること。などじゃないでしょうか???



重りには、わかりやすく重力が働きます。
これを我慢して「重くない重くない・・・・」っていうのがすでに闘い。わかりますね。
我慢せず、「これが重さか~」「重いんだね」「そうだね」と感じること。受けること。いたわること。

これが「自分を肯定する第一歩」です。

そういう肯定癖が、未来を作ります。小さな「できた」が、次のできたへと加速させます。
自分にたいし友好的になり、重りにたいしても友好的になります。
やがてひとつの関係性ができあがり、
重りの重力によって動きがアシストされてしまう、という関係性へと発展します。

自立という意味です。
ようは、、、「闘わなくても、動けちゃう」という自己肯定です。
罪悪感なく、認めてしまえる感じ。許せてしまえる感じ。

闘うから、、、争いになり、争う手段ばかりが強化されます。争えば、傷跡も残ります。
原始脳の強烈な記憶になります。
でもほんとうに強いのは、そうやって感情的になったり、感情を消したりすることではなく、

感情を豊かに出す

ということ。「闘って勝つから嬉しい」「打ち勝てて重量が上がって嬉しい」というのではなく、
「闘わず叶ってしまう」
「頑張らず頑張れてしまう」
そういった嬉しさ楽しさ心地よさ快適さ不思議さ。これこそ重要ではないでしょうか???



(他者や自分と)闘う時点で、自分の価値を下げています。
自分の価値をもっと高く設定し、感じることに長けていけば、
頑張り方も変化していき、友好的で、かつ自分に一生懸命になれる。ベストが尽くせる。

そう、、、自分に一生懸命であること(自分への肯定)が、友好的につながるのです。
自分を我慢した仲良しごっことは、天と地ほどの差です。



本当の体の使い方とは、、、
本当のトレーニングとは、、、



争いや我慢に備えたものではなく、



争いや我慢というリングから降りるためにある。



そこに一切の罪悪感を持たないこと。
できてしまって、、、いいのです!!





関連記事
スポンサーサイト