瞬発力を養成するために・・・・・・・・

要点は、上リンク記事をご覧ください。


・・・


今回はその補足と大事なエッセンス。掘り下げた話。
先に、案外うまくいった感じがするこの動画から。
[広告 ] VPS




瞬発力、と聞いた時点で、
「特別意識」というか「今を変えなければいけない意識」というか、
そういった「世襲」が働くのでしょうか???

上のリンクでは、その世襲をぶち壊すことを述べてきました。
「瞬間のなか」にも「ながれ」がある。
いえ、、、「ながれ」が基準となった「瞬間」でしかないのです。

でもその「ながれ」をこれまた「特別意識」してしまっては、元も子もありません。
「ながれ」や「一定感」を得たいのです。
掘り下げれば、、、「世襲」でもある「そういう変化」を「なくした」ほうが「うまくいく」

変えなければいけない、という瞬発力は、力み以外の何者でもありません。
日常生活でもそういうのが力みの原因でもあります。
それを取り除くこと。すると今度は「じゃあ、、、どうやって動けばいいの???」

これこそ「世襲」だと思います。

余談ですが、世襲という言葉を辞書で調べたわけではないのですが、
私の感じとしては、「世間が自分に襲い掛かるもの」「世間に自分が襲われるもの」
そういう解釈をしています。

ほんとうは、、、初めから動きができていて、動くものが動くだけであって、
止まったものを動かす、だから力が要る。操作が要る、という思考を、私は信じていません。
初めから動けているのです。静止とは、固定ではないのです。動作のひとつなのです。

ましてや重力が働いています。すでに「動いている」のです。
「落ちる」「落ちたことで、動けてしまう」「すでに揺らいで(動けて)いる」
私がウエイトで言う「(重さを)受けたまま動けてしまう」

これこそ、、、瞬発力の基本ではないでしょうか???

だから、、、先の動画のようなことも自然と叶うし、尖ったムリのある力みにはならないのです。
だから、、、玄人めいたながれを瞬間のなかに感じ取れるのです。

繰り返しますが、、、ながれを特別意識してはいけない。
これだとまさに、すり足走行みたいな話になってしまいます。
がっちがちで不自然な動きになってしまいます。

そうではなく、、、
素直に感じ、受け取めること。そのままでいること。
ようは、、、完全に「信じきること」

素質というのは、、、「信じきる能力」でしかない、と思います。
変化を我慢することではなく、
信じきって動じない感じ。(くどいが、、、感情と人間性をなくした我慢とは違う)



感じたこと。実感。素直さ。



それだけだと思えてなりません。




関連記事
スポンサーサイト