こういうことを書くとき、申すとき、ようは、自分が成長できたとき、
その嬉しさはあるのですが、
同時に感じるのは、、、、、、、、、、

半分はおわびの気持ち、半分はわくわくした気持ち。
まあ、より良くなる、あるいはもっとシンプルになっていく、と解釈ください。



硬さに気づいたんですね。。。スナッチやクリーンとかで。
結論はそういうことで、今までやってきたスクワットとか、落ちることが大事で、
求心はね、、、案外「二の次」って話になるんです。。。ほら、、、言い憎い。。。笑。



うちははじめてのお客様にはたいていやってもらってること。
だいたい、以下の動画にあるようなこういうことをやってもらいます。

動画では「剣玉」を使い、糸の張りを一定に保ったまま上下させただけ。
力は入れず、糸の張りが乱れないよう、鉛直を保とうとします。
そしたら???持った左腕だけが???

[広告 ] VPS




軽くなっているんです。右腕よりも遥かに。。。
動画では撮影してませんが、右腕も同じようやってみると、、、
右腕もちゃんと、、、軽くなってて、左右とも同じぐらいかる~くなってるんです。

(現場では、重りを使ったり、水の入ったペットボトルを使うこともあります)



記事をひとつ削除したのですが、その削除した記事にあった動画。
重りさんをこっち側へ引き寄せてやってみたんですね。。。
たしかに挙がりやすかったんですよ。。。しかし、、、、

[広告 ] VPS




終えたあと、、、あろうことか、、、腕がさほど軽くなってない。。。
けんだまのときと比べたら、ぜんぜん、、、硬かったんですね。。。

そこで、、、

じゃあ、、、原点に還って、、、、鉛直を受けて、落ちて、求心を捨てて。。。
そしたらこれがまた案外すこすこ軽く挙がってくれまして。。。
終わったあと、腕を回すと、、、、すっごく軽くなってたんですね!!

[広告 ] VPS




ふたつのスナッチ動画、
動作もやっぱ、後者のほうが自然で、やわらかい。
やってても、窮屈感がなかったし、、、自然と求心もしてた気もする。



落ちること。
重さを受けて、感じること。
たったこれだけなんですね。。。

そこへ歩み寄ろう、としてしまうのは、
もちろん歩み寄らず離れていてはいけませんが、、、
歩み寄りこそ、、、しないぐらいの自然さ。鉛直を感じることに実直であること。

終わってみれば、、、

やっぱシンプル。。。



自虐の気分もあるが、、、
でもまたこれで、、、一段成長できました。
私でも、こういうことはありますし、指導者なら変化は「するもの」です。

シンプル化という大きな変化になりました。
いえ、、、変化しない変化というか。。。
ま、、、感じ方が良くなったことで、余計なものがまたひとつ、、、剥がれ落ちた感じ。

考えちゃ、、、だめですね、、、笑。感じることを阻害しちゃうから。。。



しかし、、、



改めて、、、



思い知らされましたね、、、



重力って、すごいですよね。。。






関連記事
スポンサーサイト