努力は大事だと思います。
ですが、ムリはいけないと思います。
つらい。苦しい。我慢しなさい。そういうのを努力というんじゃなく、
自分の心に寄り添う感性を磨き、信じ、貫くことが、努力だと思います。

どこか、頑張ってしまってる、と思ったら、
私だったら、「それは、おかしい」と感づきます。
運動にしかり、食事にしかり、です。

そして、以下のこういったトレーニングや、さまざまな動作におけること。
重力を信じ、感じさえすれば、、、
たいていの動きは、普通にこなせるものだと思います。



[広告 ] VPS



こういうウエイトトレーニングは、重力を感じるトレーニングです。
同時に、重力に歩み寄るトレーニング。ながれの力を拾うトレーニングでもあります。
ようは、、、言葉を悪くいうならば、、、うまいサボり方を会得する。
ようは、、、良い表現をするならば、、、うまい頑張り方や理想の努力を育む。



頑張った感・きつかった感があれば、、、
寄り添えず、苦しいものだったら、、、
それが苦しいという気持ちが正しいと思う。

だったら、、、

頑張った感のない自然でスムーズな動き
寄り添う調和ある自然な動き
それを会得しながら体に刻んでいく。



自然は、、、私たちの味方です。
でも、、、こちらから攻撃したり、過剰に警戒したりするから、強敵になってしまう。
強化の意味合いを、間違ってはいけないと思います。

敵にして「打ち勝つ」「過剰に警戒して守る」のではなく、
味方にして「調和していく」
もちろん、、、できることからやっていく。小さな「できた」を刻んでいく。それが大事。



小さなことは、大きなことの一部ですが、
その小さなことが、大きなことをカタチづくります。
その他の小さなことへもつながっていきます。

【関連記事】フラクタル



豊かな心を貫きたいですね。。。




関連記事
スポンサーサイト