これは、重り【プレート】の重さをまったく感じずに挙げてる様子。
正確には、、、
力を入れず、重さを体で受け止めれば、、、逆に挙がってくれるもの。
[広告 ] VPS




そうです。普通に考えたら、重さを受けたら「挙がってこない」

だから「筋力を使って」挙げるんでしょう???
それがトレーニングなんでしょう???それがトレーニングの目的なんでしょう???
という普通の感想が飛び交います。

ですが、、、小さな落下でも受ければ、自然と「力がもらえる」ものなんです。
私はこの力のことを、、、今後、、、「ながれの力」と呼ぶことにします。
この「ながれの力」は、力が入っていれば、感じられませんし、拾うこともできません。
力が入っていない。それだけじゃなく、、、重力も受ける。正しく受ける。

以前は
「浮力を拾っている」「意志力だ」「重りにモーターがついている感じ」
としていた時期もありました。ですが、浮力だけではなく、あらゆる方向に拾えていて、
動きたい方向へアシストされる感じになります。

ですので、「ながれの力」を「意識」してしまうのは間違い。
これだと、「力み」「力んだ身体操作」となってしまいます。
重力を受ける。感じる。調和する。そのためにも「力は入れない」・・・・・その結果です。

結果ですので、、、結果を感じるだけでいいのです。
もし注意を払うなら、、、力を入れないことや余計なことをしないこと。そこに注意を払います。
結果、、、重力を受けることができ、しかもその結果、、、、なぜだか動けてしまっている。

ロウイングの動きなんかではそれが顕著にでていますし、
ランジやジャンプ動画でもそういう部分が出ています。(トップページを参考)
結論は、、、「自然に」です。

ですが、、、その「自然に」には、「魔法がかったもの」がある。それが自然です。

「ながれの力」があるんだ、ということです。
それを拾うためにも、、、重力は大切な仲間です。
そう、、、楽して動けてしまう。楽して機能してしまう。

体で実感を繰り返し、継続していくことで、体に刻まれます。




関連記事
スポンサーサイト