ウエイトトレーニングに関して、、、私が個人的に思うこと。
それは、、、「技術は、幸運にも、、、やってくるものだ」ということ。

戦わず、力を入れずに、重さを受け容れれば、挙がってくれるし、
その重さを受け容れるために、重りに近づきたいのですが、
その歩みよりは、、、バーべル側からこっちに来てくれるものだ、ということ。

いつもの動画より10kgアップ。でも一緒でした。
[広告 ] VPS




技術を追い求め「ねばならない」だとすると、
「その力み」との「バランス」を取るように、「何かの代償」がついてまわる。
バーベルを下手に自力でひきつければ、バランスを乱し、後方に転等する危険もある。

でも、バーベルから自分側へ来てくれることで、
結果的に、バーベルを体で前後から挟み込める感じになってくれる。
「体-バーベル-体」というふうに。

でもこれを自分で強要してバーベルを前後から挟み込もうとしたら、力みます。
そうではなく、技術に支配されないリラックスが、自然に技術を作る。
リラックスと自然にというバランス。

ようは、、、「バランス関係」なんだ、と。

これまで述べてきたように、
頑張って力んで戦ったとしても、それに見合うバランスがもれなくついてくる、ということ。
筋力で戦って勝っても勝っても、、、ケガや(満たされない)不安などがついてくる。

幸運にも、、、
戦わず、抱えていたものを手放すようにしたそのバランスに見合う結果になったのが、
うちのやり方だと思う。「手放すこと」と「すごい魔法」との「バランス関係」なんです。



スターウォーズじゃありませんが、、、



「フォースの力を信じよ」とまではいいませんが、、、笑



抱えていたものを手放せるほどの「自分がある」「自分に気づく」
そういう豊かなものを、これからも自分に築いていき、
発信し、伝えていきたい。



そのフォースの力(笑)とやらを信じるためにも、活かすためにも、
過去の自分のパターンを変える必要があります。
苛め抜く(犠牲・崇拝)ことをやればやるほど、自分の価値が下がり、格差が広がる。
ようは、頑張らずにうまく人との差がどんどん広がる。これもバランス関係。

その過去の負け癖のパターンから手放すには、我慢から手放すこと。
常識目線ではなく、自分の感じ方を肯定すること。うまくいってもいいだん、と。
そのために、、、過去の自分のパターンを変える。いえ、過去のことを肯定すること。

いっぱい苦しんだ。。。よく頑張った。。。持ちこたえた。。。もう充分です。。。

うまくいく相手への憎しみじゃなく、自分へ向けたいたわる気持ち。
でもそれが、ウエイトトレーニングの技術へつながるし、
それが、、、さまざまな豊かさへつながっていくと思う。

自分を肯定できるようになる。

【関連記事】
幸運体質の作り方
幸運体質(別館)力みが取れない人へ






関連記事
スポンサーサイト