[広告 ] VPS




うちは「力みを取れば、世界が開ける」「軽やかであれ」を謳っているのは周知ですが、
まるで苦悩を感じないハードルが高いイメージが先行しがち。
たしかにそうかもしれませんし、だから私も苦労をしました。

戦ってないはずの私が、まるで世間と戦ってるかのようになってしまう。
世間に自分が傷ついたりしてしまう。
誰もわかってくれない。誰も信じてくれない。そういう思いにかられるときもある。



でも今思えば、、、



たしかに自分は、天才肌(天然児)かもしれません。
言い方を変えれば、子供のままで純真なほうだと思う。
だから、

どうしてそれができないの???
どうして疑うの???
そういう人らのことがわからず、自分が傷ついていました。

こちらから歩み寄らなければわからない武田ワールド、とまで言われた。
天然児だったため、「変わってる」ように思われたこともあった。
世間と歩調が、未だによくわかっていない自分もいる。

でも、、、
この大人じゃない自分のその痛みと、
大人になった相手に親しまれないこととが、つながった気がしたのです。

アーティストとして最高のインストラクションをしてきたつもり。
でもそれだけじゃ足りなかったってこと。
いえ、、、ほんとうのアーティストは、また違うところにある。



・・・
・・・



それだけ自分のことを否定してしまい、自分への肯定が足りなかったんだって。。。




それで必死に戦ってしまうことになってしまった。。。
天才肌や天然気質のまま孤立していた。。。
相手を思う前に、自分への愛が足りなかったんだ。。。




俺も、、、いっぱい、、、傷ついた。。。




そこからでしょうか???
それでもここまで頑張った自分がいとおしく思え、
相手に対する「どうしてそれがわからないんだ」、がなくなっていくのです。

自分が傷ついたことと、
どうしてそれができない???どうして疑う???どうして変わってる???とが、
一致したのですね。。。(内容が違えど、、、自分を否定していた、という点で)

ブログでいうと、幸運体質の記事を前後に、気持ちや内容が大きく変わっています。

それの前の記事を読むと、すごく厳しい響きと同時に、自分の傷まで感じられたんです。
どうせわからないだろう。わかる人だけ読めば良い。自分にした仕打ちを他人にしてたかも。
自分にやさしくしてやれなかったことで、結果的に相手へもやさしくできてなかった。
だから、、、、、、、、、なのか、と。

・・・
・・・



アスリートではなくアーティスト。



年々色々体で感じ、進化し、学び、得てきた。
でもほんとうの根元は、、、
私にとっては、、、私がすでに天然で純真。それでいっぱい傷ついたこと。

それを自分が、認めてやれてなかった。。。

自分にもっとも厳しい仕打ちをしていたんだ。。。




自分の心に寄り添う。
自分が自分にそうしたように
相手にたいし、相手自身が相手本人の心に寄り添えるようなコーチング。




今ならわかるよ。。。
あなたが力んでしまうことやできないそのつらさや痛みも。。。
だって俺が、、、(いっぱい傷ついてきて)そうだったから。。。。




もっとも力むことに満足してるなら、そのことを肯定してもらい、トレーニングはお断りする。
我慢じゃなく、本心でそうなりたい、と思う人なら、大事にしたい。
でも、大事にするには、、、義務や命令を課す事、持論を強要することではないんだ。

相手自身が、、、マイナス面でも自分のことを肯定できるよう。。。
シーソーがポジティブ側へ少しでも傾けられるよう。。。

それでも「カタチさえできればいいんだろう」と強要する人もいます。
でも、どこかで根元が自己否定である以上、、、どこかでつまづく。
悲観的な相手のメールと実際会った明るさとのギャップ。それは相手がムリをしてるサイン。




私の場合は、はじめから純真だった。たしかに過去は力んでしまった。でもそれは後天性。
また、純真だったから、周りと違うというだけで、変わってる扱い。それで自分を責めた。
そればかりか、、、自分で自分を責めたことにも気づいてなかった。

自分だけは味方でいるべきなのに、、、

傷ついたし、傷つけられた。
それでも無垢なままでまっすぐな自分でいて、
それでもここまで何とかやってこれたこと。

自分へ「良く頑張ったね」って言ってあげたい。




その声は、、、そのまま、、、未来のクライアントへの声かけになっていくだろうから。。。





“視野が狭い”と書かれた通信簿(正しい愛し方と受け容れ方で私が救われた日)

(極意)【最初に知って欲しい純真無垢な愛の話】

幸運体質を作る(効率を考える前に、知って欲しいこと)
幸運体質(別館) 力みが取れない人へ(指示や命令ではなく、あなたに寄り添う魔法のことば)







関連記事
スポンサーサイト