力を入れて頑張るもの???
筋力を鍛えるもの???
筋力を使いやすくするもの???

私は、、、ウエイトトレーニングはそういうものではない、と言い切ります。
機能とは、、、筋力に頼らないこと。頼らないことで機能させるもの。解放させるもの。

[広告 ] VPS




動画では、最後にクリーンを持ってきました。これには意図があります。

クリーン以外の普通のウエイトでは、バーベルをすっと持っています。力を入れないことで、素直に重力を感じられます。「重いんだ」を認められます。じゃあ、、、その「重いんだ」という「落下」に「乗り込んでしまう」ことで、かなりの脱力とうまい動作が実現します。力を入れないことで、重さを感じ、受け容れられることで、挙がっていきます。このときもかなりの脱力です。

しかし、最後のクリーンでは、、、
その脱力をさらに凌駕してしまう脱力と宇宙感ある挙がり方が実現します。
重力すら解放され、バーから手が離れんばかりの勢いなのに、挙がってしまう。
もし逆に「ぐっ」と握ったり、腹に力が入ったりすれば、このような動きにはなりません。

ただ、、、普通のウエイトでは、重力を感じるべきです。
自己本位な力の抜き方は、危険ですし、かえって力みの原因にもなる。
クリーンでさえも、結局は重力に乗り込めているから、重力から解放された感じになる、と思います。
でも、、、「重力に乗り込む」という意識ではなく、「脱力」し、重さを感じれば、「乗り込める」もの。

「乗り込もう」とする「原因」ではなく、「乗りこめた」という「結果」
でなければ、、、その「乗り込む」は、「力み」ですから。



基本は、、、力を入れない。リラックス。
それが「感じる」ことを生み、「受け容れ」を促し、「適応」と「調和」が動きを実現する。
そう今では感じています。



関連記事
スポンサーサイト