ランジです。前方への推進がわかるエクササイズかもしれません。
先にスムーズで見破れない動きとなっている成功例を。

[広告 ] VPS



ではわかりやすく、失敗例を。

[広告 ] VPS



ではわかりやすく、ふたたび成功例を。

[広告 ] VPS





重力だけじゃなく、時間にも寄り添ってしまいます。
脱力すれば、ストンと落ちます。息を吐けば、ストンと落ちます。
この脱力と落ち具合が基本ですが、それに加え、、、私の場合は、、、

「半歩早く(前へ)動いてみる」

この「動いてみる」は、とても自然で、落ちれば脱力して、自然と早く動く感じです。
あとは、動きの方向だけ見てるだけで、自然です。これ以上落ちたりもしません。
失敗例では、半歩早くは進めておらず、(遅れた)今に動かしています。



だいたいこんな感じです。



ただ、、、
成功例失敗例とも、自分が感じた成功と失敗に従ったものなので、
絶対とはいいません。

価値をどう受け止めるかは、読者さん次第ですので、
成功と失敗はこういうものだ、を強要したわけではありません。
私の主観にもとづいたものですので、あしからず。




関連記事
スポンサーサイト