ちょっと軽い重りで、ラクをしました。私の主観では、こういうことを語っています。
「下げたほうが、、、挙がるよ」「力を入れないほうが、、、挙がるよ」
重りが下がりながらのほうが挙がってしまう「自己信頼」を「実感」しています。

[広告 ] VPS




考えることと感じること。
今なのか、過去なのか、未来なのか。
単純論で片付けますが、、、

実感してるのは、、、「今」しかできません。
「過ぎ去った過去」は感じれませんし、「まだ来ぬ未来」を感じれないはずです。
それは「思考」しているわけであって、その「思考」を「今、感じている」だけのこと。

それだけ、今にフォーカスして「実感」を味わうということは、
そのときは、「過去」へも「未来」へも行かず、今にフォーカスできています。
でも思考すれば、過去や未来へ行きます。
そうやって、まだ来ない不安を今感じたり、過去のトラウマを引きずってしまったりします。

心理でも、感じることとその重要性は謳っています。
最終的には、体へ訴えかけるようなレッスンも紹介されていたりします。
でも、、、これと、、、私が行うウエイトトレーニングの、どこが違うのか???

と感じたのです。

うちでも、できない人は、過去や未来に思考が飛び散っています。
でもできたときは、、、今にフォーカスできていて。。。
うちでは、、、先ほども触れたように、、、、

「力で解決しなくても、いい」
「重さを受け、力を入れず、重りが下がることを受け容れる」
「でも、なぜだか、下がることを受け入れたほうが、下がりながら挙がってしまう」

それだけ、、、ものすごい達観というか、、、
でもこれは、、、「実感」しないと、わかりません。
今、このことを、実感しないと。。。

でも、、、思考は必ず、襲い掛かります。
「こんなに簡単で、、、いいの???」
「追い込んだ実感がないのに、、、いいの???」

そのときは、、、今、せっかく実感したことが、、、パーになっています。
でも、、、大事なのは、、、それも「認めること」
「そうかそうか、、、そういう気分なんだね。ムリもないよ」と受け容れる。

この瞬間、、、、「今」に「フォーカス」してしまうのです。

そうやってまた、次回のトレー二ングで「実感」するのです。
それの繰り返しです。
ただ、、、無理をして納得させようとする。これが一番よくありません。
頭で無理やり整理して、納得させようと。。。これが一番心身に良くない。

わかりやすくいいますが、、、

温泉に行けば、、、掲示板に「効能」が書かれてありますね。。。
その効能を先に読んでしまうと、、、実感が薄れます。
どっぷり浸かって、気持ちよさを実感することが先です。
でなければ、、、先入観で感じてしまうことになります。「今」に「フォーカス」できていません。

悩みの多くは、、、過去や未来から来る思考から襲ってくる、というのが、私の経験則です。
でも、襲ってきたときは、、、認めてあげる。「そうなってしまうのも、無理もないよ」
でもその瞬間、、、今にタイムスリップします。

「でも」
「いっつも」
「すべて」

このみっつの言葉は、、、魔法があると思います。でも良い魔法ではないと思います。
悩みも、、、「いっつも」じゃないはずですし、
不快なものも、、、「すべて」ではないはずです。
この感じになれば、、、今にフォーカスしやすいです。

「でも」は、思考からやってきます。「過去」や「未来」から襲ってきます。
あるいは「他人目線」「常識目線」からも。
「でも」を「じゃあ」「まず」に変えてみると、「今」に「フォーカス」しています。

重りを扱うのも、結局、、、温泉の効能の話と一緒のこと。
効能を知る前に、感じよう。味わおう。先入観を捨てて。
重さを受ければ、、、重りは下がるもの。
でも、、、下がるもの、を受け入れたその達観が、挙げてくれます。

頑張って挙げてしまうその心には、「ねばならない」という義務的思考。
先に温泉の効能を知ってしまって、頑張ってしまった例だと思います。
今を感じていない。だから、思考で頑張ってしまう。それが当たり前になる。
力んでる人は、、、自分が力んでることに気づかないものなんです。
だからこそ、、、今にフォーカスする、というのは、ひとつの魔法かもしれません。

「落ちながら、、、動ける」

闘わないのに、勝ててしまっている。その不思議な達観。それの繰り返しです。
その達観のために、私のウエイトトレー二ングがあります。
「こんなんで、、、いいのです」
「だから、、、恐ろしくやわらかくもなり、体も変わってくる」のです。

今、フォーカスしたその実感。
ファンタジーで、これでいいの???と思えた感じ。
それを笑うぐらいでいい。



無邪気な子供の心。。。



大人は、、、大切なものを、、、失いかけています。



でも、、、なくしてはいません。。。



忘れてただけです。。。



忘れたのなら、、、思い出したときから、また始めれば良い。



そもそも、、、「どのぐらいで自分が変わりますか???」というのが「思考」です。
「未来」から来た思考。過去の不安から来た思考です。
ところで、、、夢のある創作活動に、「ゴール」はあるでしょうか???
どこまでやったら「完成」、、、あるでしょうか???

私でさえも、、、もっともっと成長できると思っているし、若くいたいと思っています。
結果というのは、、、「忘れたころに、自然と訪れます」
いいえ、、、むしろあるていどの結果は、「どのぐらいで変わるか」を「考えなくなったとき」。

つまり、、、毎回毎回の「今」「フォーカス」してる「今」こそ、変われているのです。
そして、、、小さな「できた」を大きな「できた」と達観すること。
その繰り返しだと思います。

山登りでいうならば、頂上から見た自分、だと、これだけ頑張ったのに「まだまだか~」
頑張っても頑張っても、、、「まだまだだ」
でも、中腹で立ち止まり景色を見たとき、「あ、こんなにも登ったんだ(やったぁ!)」
その「今の達観」を「実感すること」。これに勝る薬もないと思えます。



もっとも、トレーニング時間だけがトレーニングではありません。
今を実感し、達観できることは、他にもいっぱいあるはずです。
それを、楽しむのです。

たとえば、、、「食事」や「カフェ」
たとえば、、、「会話」
たとえば、、、

そういうことも、必ず手助けになるはずです。
そして、過去や未来からの思考が襲い掛かり、とめようがなく堂々巡りになったとき、
浜田省吾 DANCE
こちらの歌がお薦めです。



あなたの成長が、どこまで行くのか、、、、



私は楽しみで仕方ないのです。



(追伸)ブログからパーソナルトレーニングの申し込みも可能になりました。
カテゴリー秘密の部屋より
料金も、新設定しています。継続頻度の高い方を優遇しています。
ようは、、、コンスタントに続けて欲しいのです。うまくいって欲しいから。





関連記事
スポンサーサイト