どこか縛られない自由を感じさせるやわらかい動きを、自分のモットーとしています。
そして、お客様も、そのような「ほんとうの意味で自分を取り戻す動き」になっていきます。

[広告 ] VPS




こういうウエイトトレー二ングひとつとっても、
「こういうカタチじゃなければいけません」
「どうしてそういうふうにならないのですか???」
「必ず、こうしてください」
と責められたら、、、誰だって言葉を失います。

それで、「こういうふうにしなさい」が、
「身体じゅうへの意識」という自分を縛り付けるものだったりします。
あるいは、ガイドラインどおりのカタチを体へ強要します。

ようは、、、「気持ち」をまったく汲んでないのです。

むしろ、、、教わる側も、
かわいそうな責められ方をしないように「カタチ」だけを正そうとしてしまう。そういうものだ、と。
ほんとうの問題は、そこでもあるのですが。。。

・・・
・・・
・・・

でも、、、もしうまくいかなかったのなら、それなりの理由というか、気持ち(感情)があるのです。
「そういう気持ちがあったから、、、それがきっかけで、、、」
「うまくいかなかったことはわかってる。でもそういう気持ちだったから。。。」

・・・
・・・
・・・

多くが、重りへの恐怖心だと思います。それで「力がなければいけない」と思ってしまって。。。
そういう場合が多い。でも、、、「怖がってはいけません」などとは私は申しません。
怖さを大いに認め、受け容れるべきだと思います。

むしろ怖さを認めないから、、、
逆に、ひざかっくんのようにかくんと交わすような動きになったりします。
あるいは、、、打ち勝とうと力んで踏んだり固まったりしてしまうのだと思います。

怖さを認めるからこそ、、、できないと認めるからこそ、、、
それを知ろう、感じてみよう、とできるものではないでしょうか???
どういう落下をするのか。どういう軌道になるのか。じゃあ、、、少しでも歩み寄ってみようか。。。

・・・
・・・
・・・

できる範囲でいいのです。
カタチよりも、重さ(鉛直)との調和のほうが重要で、カタチはいいから、、、まずは。。。
部位別から始めても良いし、簡単なことから。。。できることから。。。

そうしながら、、、気持ちに寄り添うように、、、私は進めていっています。

できない理由は、、、筋力不足???などという判断だけはしません。
「どういう気持ちだったか???」
これは人によって違います。だから、、、そこを認めてあげたいのです。

すべては、、、そこから始まると思います。




そうやっていくことで、、、やがて、、、気持ちも変わってきます。
恐怖心だったもののなかに、、、ファンタジーなものも含まれたり、、、
じつは重りは、、、味方かも???となってきたり。。。

でも焦ってそうなる必要もありません。
素直な気持ちが大事で、無理強いのポジティブは自分を縛ります。
自然と沸いてくる気持ち。それを大事にしていくことだと思います。

たしかにウエイトは、、、重りとの「一期一会」になってるのかもしれませんね。。。

「ねばならない」や「すべき」という他人目線を剥いで、、、
自分目線で素直に感じてみる。その自分の気持ちに寄り添う。

・・
・・
・・

そもそもが、、、気持ちではなく「カタチの正誤」で裁きすぎなのです。
感じる眼、というのが欠けている。
スピードばっかり上げすぎれば、その効率性の代わりに、失ったものも大きいのです。

誰かの基準に合わせることが、評価の対象になる。

でもほんとうに大事なのは、、、自分の基準を取り戻すこと。
何らかの理由でそれを失ってしまった(忘れてしまった)のです。
それを取り戻すこと。ウエイトトレーニングは、そういう手段のひとつです。
(筋トレみたいに自分を偽ってしまうものではありません。芯を育てるのです)




ブルーハーツ  ロクデナシ(←クリック)
自分のことを、肯定していいんです!!
自分に寄り添う温かく勇気付けられる歌です。






関連記事
スポンサーサイト