[広告 ] VPS




さきほどは、力みの理由は我慢にある、と述べました。
でもその我慢を呼び寄せる元は、、、何でしょうか???



・・・
・・・
・・・



自分の感じ方が過去や未来に行ってしまう。
しかも、否定的で思い出したくない過去や、まだ見ぬ不安な未来だったり。
ついさっき受けたトラブルもそうでしょうし。

そういう悩みで頭がいっぱいのとき、、、
確実にいえるのは、、、
今を感じられてない、ということ。

悩み解決のためばかりに視野が狭くなった、まるで焦った危険な車の運転みたいで。
自分がありませんし、今が抜け落ちています。
ウエイトでいえば、、、重さを感じるばかりか、我慢してることさえも感じとれません。

・・・・
・・・・
・・・・

 悩みを聞いてくれた人がいたとします。聞いてくれて、気が晴れました。
 でもいちばん大事なのは、、、聞いてくれた人への感謝になります。
 ひとつの誤解でトラブルが起きました。“相手”は執拗に“わたし”に攻撃します。
 しかし誤解が晴れても、“相手”は“わたし”に謝罪のひとこともありませんでした。

前者の“気が晴れた人”にしかり、後者の“相手”にしかり、今を感じ取れてないのです。
自分がなく、トラブルを好んでしまっていて、プラス感情や温かい心に欠けてるのです。
自分のことに必死になって、でも自分がどこにもない。振り回された自分しかいない。

・・・
・・・
・・・

力みの理由は、我慢だと申しました。
その我慢の理由は、、、
今(の気持ち)を感じ取れないことや温かみに欠けることではないか、と思います。

過去のトラウマや未来への偏見。情報社会ですし。。。そこへの焦り。
周囲と比べた自分への焦り。周囲と比べればますます心が過去や未来に行きそうです。
そう他者目線になって勝った(負かした)と強がることで、負のスパイラルが始まります。

・・・
・・・
・・・

重さを受けた体は、
今を感じさえすれば、、、
必ず、、、「重りが挙げてくれる感覚」になります。

下がってるのに、挙がってしまう。
望んでなくても重り側が自分へ歩み寄ってさえもくれる(クリーンやデッドなど)
はじめから今を感じ、素直に感じ、強がらず、情報通になどならずとも、肩肘張らずとも、

我慢も不要で力みも不要になるのです。




私の考え出したものは、たしかに見かけないものかもしれません。
これまで受けたすべての方において、「こんなのは初めてだ」と言っていただきました。
だからといって、普及しないことや少数派であることで、世間と闘う姿勢になってしまえば、

自分が自ら、、、愛のない世界を引き寄せてしまう。

そういうことにも数年前から気づいています。
自ら「力まないトレーニング」「豊かなトレーニング」を求める以上、
一番の満足は、、、認知度よりも、自分自身へ愛を注ぐことだと改めて認識したいと思う。

そうやって愛の注ぎ方を日々高めていき、
愛のある、豊かで、感謝したくなるようなそういう過ごし方をしたいと思えるのです。
愛のある世界を引き寄せるのも、自分が愛を持つことだと思うから。。。



そういう愛のある人間でいたい。もっとそういう自分を高めていきたい。
そのためにも、、、ちいさな「今」を感じ取れる人間でいたい。
「今」感じた「プラスの感情」を大事にしたい。

今いるその人を大事にしたり、
今感じたことを心地よく感じたり、
一期一会とはいいますが、、、これの深い意味が少し、わかるような気がしたのです。




関連記事
スポンサーサイト