今回は、、、力みたい人・固めたい人・頑張りたい人が対象ではなく、
そこに疑問を感じ、私みたいに脱力で挙げれる楽しさに価値を感じた方を対象にした内容。
脱力できた実用性に価値を感じる方を対象に。
心地よさや豊さに価値を感じ、人間的な努力をしたい方が対象。

ですので、力みがいけない理由とかは省きます。
そこにたどり着きたい人への内容になります。

[広告 ] VPS




まず、そこに価値を感じたことを、認めてください!!褒めてください!!
今はまだ、力んでいても、いいのです。
でも、そう「行動」できたことを認めてください!!

行動といっても幅は広い。
力みが取れて解決できてなくても、
そう思えたことが、すでに行動です。

次に、、、実際に試してみた人もいるかもしれません。
あるいは開始から浅いクライアントさん。お客さんには直接言ってることなのですが、
これも大事。

自分が力んでいた、と気づいただけでも「大きい」
そうです。変わらなくても、気づくだけでも、、、大きいんです!!
気づいたというのは、何よりも第一歩。大きな一歩です!!
これを、認めてください!!

変わらない人。なぜ変わらないか???理由は簡単。
「(自分を)認めないから」

どうも「認めたら最後」みたいな「勝ち負け」になってしまう誤解があります。
でも、、、
逆に、思い切って、、、「認めてみる」と、、、「心が軽くなるんですよ」

でも、そこで止めてください!!「だからだめなんだ」は不要です。
いえ、、、心が軽くなるから、逆に「肯定的」になるもの。
「あ、、、、力んでたんだ!!そうかそうか・・・・」と思考が止まってくれるのです。

すると今度は、、、できたことの割合が増えていきます。
大いに認めてください!!でも失敗も、認めます。「そうかそうか・・・」と寄り添う。
そうやって、だんだん、理想に近づいていきます。

うまくいっても、認め、好転させる。
うまくいかなくても、認め、癒してあげる。

認めないから、、、変わらないのです。
かえって苦しむのです。
そして、認めるのは、負けを意味するのではありません。癒しと肯定を意味します。

・・・
・・・
・・・

さて、、、なかにはこういう人もいます。
いえ、、、こういう人のほうが多いはず。
「できた感じが体得できてないから、できてる・できてないがわからない」

これはひとことで、「感じ方が悪い」。でもこれこそ「認めてみる」のです!!
「そうかそうか。。。だったら仕方ないよねムリもないよね。。。」
じつはこれがいちばん、威力があります。

思考癖になるから「これでは解決にならない」と考えてしまうのです。
感じ方が悪いぐらい、「リラックスができていない」「力んでいる」のです。
だから、、、そのことを「認める」のです。「そこまで力んでいたんだね。そうかそうか」

認めたときに、悔しさではなく癒しになれば、リラックスの一歩になるでしょう。
認めたときに、諦めではなく癒しになれば、前向きになれます。
でも、、、悔しいことを認めてあげれば、、、癒しになります。
でも、、、諦めたい気持ちも認めてあげれば、、、じゃあ今は休んで、次!!と前向きにも。

ただ、、、認める、というのは、、、いついかなるケースでも、魔法のような気がします。

また、力む理由もさまざまです。
「きれいに動かさなければ。。。」とどこかで自分を縛っている。
「どこどこ関節を意識しなければ。。。」と同じく縛っている。
そういった過去の影響も大きい。でも当たり前になってしまって、気づけないのです。
そこから解決した方も多いです。

できる・できない、よりも、重さをリラックスして受ける。感じる。
まずはそこからなんです。
そこで余計な思考をするから、かばうような力みが起きます。

リラックス。そして、素直に今を感じること。
トレー二ング以外の時間でも、そこを意識して欲しいぐらい。
そうすることで、感度が磨かれ、認め方も一層良くなります。
「どっちに転んでも好転」が、加速する、という意味ですからね。


・・・
・・・
・・・


「私の技術」は、そういう過程で生まれたようなもの。
カタチや形式じゃない「私の技術」が。その進化でしかないのです。
もっともその「私の技術」は、「みなさんひとりひとりの技術」でもあるのです。

方向性としては、、、「心地よさを認めた結果」

つまり、、、自分に正直に「認めた」結果。

その「認め」によって、脱力だけではなく。求心という技術も生まれるのです。

[広告 ] VPS





関連記事
スポンサーサイト