いきなりですが、議題に入る前に、ビジョンから入りましょう。
感覚から入りましょう。
プレートにしかり、バーベルにしかり、その高さがあまり変わらない挙げ方に注目です。

[広告 ] VPS




多くの方が誤解しているだろうこと。いえ、誤解と決め付けるのも私の主観ですが。
「足で立つものじゃなく、体の真下に足があるもの」
足で立つから、乱れるのです。力が要るのです。動きも義務感になったそういうバランスになる。
スクワットで膝から曲がる人とか、そうじゃないかな???とも思う。

しかし、、、動画のようないわゆる「滞空させた落下」をしたそのとき、
案外見事にしゃがめていたりします。でもこれも、足で踏んでしまえば、できません。
ある意味、その観点を消すエクササイズでもある。重りの真下に自分が来る。

でもそれだけじゃなく、、、

これは同時に、瞬発力も作ります。

プレートやバーベルは、挙げたわけじゃないんです。むしろさらに下げようとしたぐらいです。
でも、、、自分も滞空させて落下したことで、大きな瞬発力となって重りが挙がります。
でも自分も落下するので、重りの高さが変わらない。そういう機能的エクササイズ。

こういう落ち方のことを、私は「DROP」と読んでいます。
ドロップキックとかって、ようはコーナーポストから落下するように、、、そういうニュアンスです。
動画の正式名は、「ドロップスナッチ」とも呼ばれます。

じつはこの運動が、、、私のなかでは、、、スクワット以上の種目だと思っています。



でも、、、クリーンとかやってたら、、、
セカンドプルでは、そのドロップのエッセンスも含まれますので、やってないだけのこと。
クリーンの瞬発力も、、、こういったドロップのエッセンスを活かせば、ラクにできると思います。

ランニングとかジャンプとかも、そういうエッセンスがありますよね。。。こんなふうに

[広告 ] VPS




「瞬発力=頑張る」
私にはそういう観点がないのです。



また、、、クリーンとかで床から仮に力んでしまったとしても、、、
セカンドプルで帳消しにできるメリットもあります。
動画ではファーストもそれなりにうまくいったとは思っていますが。。。

[広告 ] VPS






関連記事
スポンサーサイト