類似記事(参照記事)




[広告 ] VPS



[広告 ] VPS





まるで、、、重りがおもちゃみたいに映るのが特徴です。
カタチに縛られず、自然体を求めた結果です。
もっとも心地良い選択をしたまでです。

でも、、、思考で考え出して選択したんじゃなく、感じることで引き出したのです。
このとき、、、重さを感じるわけなのですが、、、
重いじゃないですか???重りって。。。

でも、、、その重さって、、、感じる重さって、、、

感じ方ひとつで、ほぼゼロkgにも感じられるものなんです。




不思議なんですが、、、闘ってあげようとすればするほど、重りの重さが増すのです。
そういう感覚になるはずです。力んで挙げる動きだと。
でもそれを、、、認めないし、感じないのでしょう。。。



自分の感じ方ですね。。。大事なのは。。。



どうすればゼロkgの重さに感じられるのか。
それを動画で表現しています。
絶妙なその一体感が、、、そうさせてくれます。

その感じ方を、、、レッスンしていきましょう。
重さを認めることで。。。
重さが重い、と認めることで、じゃあこうしよう、と意思が働きます。

それが、、、伴走と求心です。



「重りをどういう速度で挙げたらいいんですか???」
「重りの速度で挙げればいいんです」

ようは、、、速くも遅くもできますよ。。。同じメカニズムで。。。ということ。
速く挙げるのに、特別に速くしようと、頑張るのではなく、
遅く挙げるのに、特別に遅くしようと、力んでブレーキをかけるように動くのでもない。




あとは、、、重りの軸に、自分を入れることです。
そのための所作は、むしろ自然なことです。
そうしようと力ませるのではなく、そうなってしまう。そうしたほうがラクで自然。
そういう気持ちからです。




敵に勝った負けたじゃなく、悪くいうわけじゃないのですが、、、
自分を守れていれば、闘うことがちっぽけで、
その闘いに勝つための情報収集が、ちっぽけに思えてくるものなんです。

ごくろうさまって感じに思えて。。。




プロセスを、、、楽しいものにしていったほうが、、、
うまくいくのだと、、、思います。。。




関連記事
スポンサーサイト