これを申せば、話が堂々巡りになってしまうのですが、、、
それでも、とても大切なことなので、紹介します。
感じることの重要性。それを育む豊かなウエイトトレーニング。

でも、、、その「感じる」ために必要なこと。



それは、、、

「力を入れないこと」と「考えないこと」です。




力が入っていては、感じられません。
考えていては、感じられません。

感じよう!!として感じるものではないし、それは「考えていること」と変わりありません。
あるいは思考が先に来た上で感じている偽りの感じ方だといえるでしょう。
自己信頼の高いリラックス感から、高い感じ方が得られます。
単純にいえば、、、ありのままを感じるだけであって、もっと素直になること。



力を入れないことで、重さを感じられます。


ふたとおりの感じ方をします。
上からくにゃっと重さを感じるスクワットやベンチプレスなどの(押さない)プレス系。
上から下へ重りに引っ張られてびよんと伸びていくデッドリフトなどの(引かない)プル系。



スクワットでいえば、くにゃっとしてくれるから、逆に身体が守られ、安心します。
だからますます、、、、力を入れないで良いし、何も余計なことをしなくてもいい。
「力を入れない」「考えない」もしくは「力を入れない」「何かをしない」

[広告 ] VPS




そして、、、

デッドなどでは、びよーんと引っ張られることで安心します。
そればかりか、ひとつの技術として、、、重りのほうから自分側へ寄ってくれます。
だからますます、、、「力を入れない」「考えない」あるいは「力を入れない」「何かをしない」

[広告 ] VPS




「重りを扱う=力を入れなければ」
「重りを扱う=何か工夫を考えなければ」
だから、大切なものを感じ取れないのです。

ありのままを感じること。そのためにも、「力を入れない」「考えない」
でも、それで終わるんじゃなく、あくまでこれは「重さを感じるため」です。
感じないのに力を抜くだけ、、、とは違います。こういう過ちはケガの元です。カクンと抜かないよう。

スクワットでいえば、、、膝などは「くにゃっ」とは曲がりますが、「かくん」とは曲がりません。
デッドリフトも、、、戻す動きでは、びよーんと伸びながらどこかバーベルと同調できています。
同調が基本ですが、、、同調をカタチとして強要すると、これもまた硬さを生みます。

感じるために、力を入れない、何かをしない。考えない。
感じたままに、、、自然と動けてしまう。動きが叶ってしまう。
幼児のごとく。。。

こういう自己信頼が、ウエイトトレーニングで築かれていきます。
そしてどんどん、、、余計なものが剥がれ落ちて、軽やかになっていきます。
賢い人やできる人は、、、荷物が少ないように思います。




関連記事
スポンサーサイト