少しすっきりしたい!!
考えてしまえば、そういう目線にへりくだれば、自分が疲れてしまう。
行間を埋めつつ、気分がよくなるものを自分のために吐き出そうと思います。

ところで、
どうして私は、、、このような動画をアップしたり、見本で伝えたりするのでしょうか???

[広告 ] VPS





というより、、、感じませんか???

どこか不思議で、頑張ってない感じなのに、なぜかすいすい動けてるとか。
どこかこれまで見たことのない動きだったり、とか。
どこか、鍛えてる!!苛めてる!!って感じが一切しない、とか。



こういう動きで鍛え続ければ、、、
身体がどういうことになっていくか。。。もう、想像がつくと思います。

体にやさしく、ケガもこりもなくなり、無抵抗にスムーズな身のこなし。
でも負荷はかかってるので、筋だって傷はつき、回復もします。筋がかしこくなっていく。
まっすぐ自然に整っていく。しかも、どこか強制じゃなく、頑張り方や心のあり方まで変わる。

プロセスを刻む、とは、そういうことです。

その1回1回のワークアウトを、しっかり味わうこと。
ウエイトのコーチとして言わせていただくと、その魅力は、すぐれた教育論になっている、ということ。
重さを感じるということが「原因」で、動きが叶うという「目的」が叶い、心地良いという「結果」を生む。
つまり、、、心地良いという「感覚」「感情」しか残らないから、、、、余計な「思考」が止まっている。

大事なことなので、繰り返します。

「感じること」を磨いていれば、「考えること」から解放されます。

感じることと考えることは、同時にはできません。
でも多くが、感じられないその理由は、考えてしまうからです。
体をメカニックに思考するのもそう。肥大してから強化、あとから動きへ、みたいなのもそう。
筋トレでアップした筋力を、他の動作へ架け橋を。。。もそうです。

私にいわせていただくと、「考えること」からは、「迷い」しか起こりません。
だからどんどん、、、深みにはまっていくのです。それこそ「学者」なみに。。。
でも、、、ほんとうは、、、どうなりたいですか???

「動けるようになりたい」でしょう???

感じたことで、考えることから解放され、しかも面白いように動けてしまう。
考える間もなく、暇もなく、、、架け橋などなく、動けてしまう。
これが、できる人とそうでない人の違いです。



プロセスを感じられる人は、その1回1回を大事にし、感じられます。
そのまま日常へ帰っていきますので、そのまま良い動きが叶ってしまうのです。
スポーツなどの技術も、ひとつのヒントにさえなるぐらいです。

反対に、プロセスを考える人。これは、1回1回のワークアウトを無駄にし、
つなげることばかり考えてしまい、迷いがまた別の迷いを生みます。
そうやってどんどん深みにはまっていく。



プロセスは大事なのですが、
それはあくまで、「今を感じる」「自分を感じる」ことが大事なのであって、
なくてもいいものを「考えたり」「作り出したり」してはいけません。

作り出しそうなそのプロセスこそ、“バイパス”のように“すっ飛ばす”べきで、
今を感じる、ということで、考えなくても動きが磨かれる、という観念を磨く。
それが、、、ウエイトであって、
ウエイトという「強化手段」ではなく、ウエイトそのものを純粋に味わうべき楽しむべきです。

そういう見返りのない純粋な気持ちが、正しいプロセスを築き、目的と結果へつなげるのです。




関連記事
スポンサーサイト