こういうふうに、力を入れてないのに、ほっこりすいすい挙がったら、、、
間違いなく、、、楽しいです!!運動が、、、好きになります!!
このことを、「宇宙の側面」と「心の側面」から、私の知る範囲で述べてみようと思います。

[広告 ] VPS



結論からいえば、、、
動きははじめから叶っていて、それを人間側が拒んでしまうから、力んだりしてしまうのです。
意識と無意識の声があります。無意識の声は、宇宙とつながっている、といわれます。
その無意識の声は、感情を介して教えてくれます。

重さを受けます。重さを感じます。
でもそれを拒んで力んで動けたとしても、いつか破綻を来たすかのように「感情」が爆発します。
思考でどんなに「我慢」しても、どんなに「思考」で動きを工夫しても、感情にはウソはつけません。

重さを感じた素直な感覚。

これこそ、動きを作ります。

受けないから、逆らうのです。逆らうために、あれやこれやの工夫が必要になるのです。
でも逆らい切れないのです。感情は必ず、爆発しますから。
じゃあ、、、どうすれば???

感情を認めましょう。。。「重いんだ」「それでいいんだ」って。

そう受けて認めることで、、、
力を入れたり構えたりしなくても、重力を受けたほうが、動けるのです。
あれれれれ???心地よく動けてるじゃないか???そういう動画でしょう。。。

言ったでしょう???初めから動きは叶っていて、拒んでいるのは人間側だって。。。


・・・


バランス運動でひとついいたいこと。

ぐらつくのは、むしろ良いことです。だってそれが、、、素直な感情や感覚でしょう???
なのにそれを無視して我慢して、力で整えようとしてるわけでしょう???
ぐらつく。ようは、素直なさま。力も入っていないはず。それが基準です。

テイク2をやるなら、ぐらついても構わないって思うことでしょうね。
そして重力が、味方をしてくれます。
固める、のではなく、乱れを束ねるのでもなく、通るのです。

繰り返します。固めてしまえば、素顔なないがしろです。
たまたままっすぐになるだけであって、、、通るものでしかないのです。

言ったでしょう???はじめからそれ(動き)は叶っていて、拒んでいるのは人間側だって。

[広告 ] VPS



・・・・


実用性でいいたいこと。

ウエイトは直線的だから、、、スポーツ特有の動きを磨くには、特有の関節運動が必要だって。
でもそうやって「逆らって動く」から、別の動きでも、新たな逆らい方が必要になるわけであって、
でも、、、重力が働く、という共通点があります。

だから、、、慣れてるスポーツの動きだから、、、

私は、アメフト・テニス・空手・ゴルフなどさまざまな競技選手をみてきました。
面白いように、、、「その練習時点で、動けてしまう!!」という喜びと驚きの声を聞きます。
選手だけじゃなく、コーチからも、声を聞きました。

言ったでしょう???初めから動きは、、、叶っていて、、、拒んでいるのは人間側だって。。。


・・・


すべてにおいて言いたいこと。


運動というのは、動かさなければ動かないもの。
そうやって「頑張ろう」としてしまいます。
頑張ること自体は、否定はしません。しかし、、、

「動かさなければ、、、」「頑張らなければ、、、」
それで運動を、心から愛せますか???
まるで、平和運動において、悪を倒すことばかりに注がれてるみたいで。

マザーテレサじゃありませんが、「戦争反対運動ではなく、平和運動をしたい」。

世の中には、「なければいけない」と感じるものが多いですが、
ほんとうに「しなければいけないこと」でしょうか???
もしかしたら、、、「してもしなくてもいいこと」だったりしませんか???

頑張ろう、とする姿の裏にあるものは、
「頑張りたくない、でも頑張らなければ叶わないから」だったりしませんか???
そうやって、「合理的」ばかり「思考」しようとします。「感情」がないがしろにされます。

繰り返しますが、それでも頑張れてしまう人には、何も言えません。

しかし、、、どうせやるならば、、、、もっと楽しくて、それ自体が楽しくて、
こういうプロセスが、人の自己信頼を高め、良いプロセスを刻み、結果的に良い強化になる。
豊かになっていく。心が強く育まれていく。運動やトレーニングの最終的な目標はそこだと思います。

厳しい環境状況に耐える能力が、自己信頼や強さではなく、
それにたいしても「素直な心」を「認めること」にあるのではないでしょうか???
我慢(耐えること)の前にあった素直な気持ちにアクセスすること。

そのうえで

どう感じた???
どうしたい???
どう行動したい???
どう表現したい???

と向き合うことだと思うのです。

重りは、、、そういう向き合い方に素直になれ、しかも叶うことで、自己信頼が育まれます。
どこか何かを抱えているときは、、、どこかが力んでいます。
リラックスして、自己信頼を高めていく。ウエイトトレーニングは、体の声にアクセスし、それを引き出します。
もちろん、、、そういうプロセスを刻むことで、、、運動効果も大きくなります。

感情と向き合い、意志を育み、その上で思考する。
思考が先ではないのです。いくらでも創造できてしまうその思考が、仇となります。
いいえ、、、豊かさが蝕まれかねない。

感情、、、ウエイトでは重量感覚になりますが。
それは観念すれば、、、やさしく接すれば、、、心地よさにも楽しさにもなって、プラス感情が育まれます。
「反戦運動ではなく、平和運動」ですから。。。


・・・


最後に、、、戦う相手は、、、自分です。
人並みに流されそうになる自分です。
自分を取り戻す勇気です。本心から感情から背かない勇気です。

それを、、、ウエイトで、、、レッスンしましょう!!

ウエイトで闘うのは、重りに対して、、、じゃありません。
これだと、人並みに飲まれ、自分に負けています。
自分に勝って、自分を守って、心身、豊かな体になろう。







関連記事
スポンサーサイト