私の「たまごがけご飯」のお話。

「たまごって、、、普通、、、、2個でしょう???」
「え!違うの???」「うそ???」
「でも1個って、、、ハーフサイズじゃん???」
「そうそう、、、3個入れたらね、、、どんぶり鉢があふれちゃったの(笑)」

たまごもね、、、いいのを選びたいよね。。。できればしょうゆも。。。
俺はたまに、ごま油をちょっと垂らしたりするの。。。
香ばしいよ。。。食をそそるっていうか、、、口に入れた瞬間に、、、目を閉じたくなるの。。。


・・・・


・・・・


さて、まじめな話にしよう。

ダイエット、ようは、痩せたい。太りたくない。反対に、食が細くて身体を大きくしたい。
そのノウハウなら、いろいろあるだろう。食べる順番とか、量とか、食材選びとか。
でも、、、そういうノウハウを取り入れる前に、、、知って欲しいことがある。

それは、、、

太りたいにしろ、やせたいにしろ、




おしいく食べてますか???

ほんとうに、、、おいしいですか???

楽しい時間ですか???

流れ作業、指令義務とかになってませんか???





ストレス食いのように、餌をむさぼるように食べてて、そんな食べ方してて、
そういうふうに「食べること」を楽しめてないのに、食を見直すって、どうよ???

食べなければいけない、、、って食べることもできるでしょうが、
それで結果を出す人もいるから、否定はしないよ。
でも、、、食べたいときに食べて、それが食べたくて食べて、、、というふうに、



「感情」に基づいた「意志」を育むことが先じゃないのかな???



あれを食べたら身体に悪いから。。。
あれは身体にいいから、そういわれるから。。。
そういう選び方、そういう思考判断、、、、食に対する冒涜とも取れるよ。

おいしいって食べるほうが、絶対に身体にしみこむと思うし、、、
楽しいって思うほうが、身体にもいいって思うし、、、
そういう感性を磨いていったほうが、、、結果的に、、、食の感性が磨かれて、、、
うまい食べ方にもつながっていかないかな???

何も四角四面に、主食主菜副菜のバランス、ってわけでもないと思うし、
ただ、、、食べあわせを楽しんだり、、、季節の旬を味わったり、、、
やはり、、、欲っていいことだと思うから!!

欲って感情ですからね。
意識と無意識があるっていわれるよね。無意識の声って、神の声(本心の声)でもあるから、
でもその神の声って意識じゃわからないのね。。。じゃあどうやって教えてくれるの???

感情が教えてくれるの。。。


・・・・


感情って感情的はいけない、とか、悪い印象を持たれることも多いけど、
以前も書いたけど、気づかないうちにプラス感情をスルーしてしまってるのね。。。
そのプラス感情に気づいていくこと。そうやって感情を受け入れていけば、、、
マイナス感情だって、出し方もうまくなるし、そのマイナス感情が、癒しにもなるし。。。

「私は、、、そういわれて、つらかった。胸が痛んだ」
「私は、、、その通話が、不快だ」
「私は、、、(自分の領域内のことなのに)そういう目線で見られて、あ~気分を害したな~」

みたいに。。。誰かを責めるというより、自分を癒すほうに働きかけれるっていうか。。。
誰かを責めるとき、、、今言った感情を「我慢」してしまうから、「暴走」になるんだと思う。
食べ方も、、、鍛え方も、、、同じだと思うんだよね。。。

我慢で食べたり、我慢で鍛えたりするから、、、心身力んでしまうわけで。。。

ストレス耐性っていう言葉は、耐性じゃなく、親和じゃないかな???
そばによりそってあげて、、、素直な感情を引き出してあげる。。。
すると、、、鍛え方の話だと、、、
重そうなものが重くなく、力が要りそうなものが、力が要らないような感じになって、、、

[広告 ] VPS





話があっちこっちに散らばりましたが。。。

何となくでも伝わっていたら、、、嬉しい。。。




関連記事
スポンサーサイト