じつはこのウエイトのなかに、3つがすべて含まれています。
[広告 ] VPS



ひとつめは、受動と脱力。重力を受けることと拾うこと。重力となじむこと。そのためにも。、力を入れないこと。じつは、重力を受けたほうが、大きな出力が得られるのです。
ふたつめは、求心。これも受動の延長ではあるが、受動の精度を高めるもの。軸への歩み寄り。その歩ませ方に、秘密があります。
そしてこのふたつは、ある意味、1つにもまとめられます。

みっつめは、、、早さ。
速さではなく、早さ。ようは、タイミングですね。時間は止まることなく、流れています。
今、と思ったその今は、もう過去です。ですので、半歩早い近未来が、今になる。
始まる前から始まっているのです。


[広告 ] VPS


[広告 ] VPS



着地が半歩早いでしょう???
着く前に、すでに着いているような。。。
でも、、、動きが溜まってもいないでしょうか???

さっきのウエイトでも、、、早いながれで動けていて、遅れていない。早いリズム。
でも、、、「出だし」とかを見てみると、ノーモーションで動けていますが、溜まってるっていうか。。。
そこを見てほしい。

むしろ、、、あわててしまうから、、、力んで遅れた動きになります、
出だしでぐっとワンモーションがおきて、見破られるみっともない動きをいいます。
あわてるぐらいですから、、、はじめから流れに遅れてしまってる、とも解釈できますね。。。

逆説的に、、、あわてず溜まるぐらいですから、遅れるばかりか、早く、タイミングが合っている。
だから、、、見破られない動きの出だしが叶い、しかもすでに(早く)進んでいる!!


スピードスピードとはいいますが、、、
タイミングの遅れたスピードでは意味がありませんし、
ほんとうは、、、遅れるぐらいで、キレが生まれるのだと思います。

つまり、、、逆らわず、受けること。じっくり感じて動くこと。



重力になじむことと、時間に折り合うこととは、、、一致するのです。
簡単ではありますが、、、
3つめの内容が比較的多くなりましたが、、、

武田流★動きの3大ポイントです。




関連記事
スポンサーサイト