うちのワークアウトでは、重りを感じるわけなんですね。
重さを感じる。ながれを感じる。
重量感覚が、使われるのです。でも、、、磨かれる感覚は、重量感覚だけではないと思うのです。

[広告 ] VPS



私の話。。。

自分のワークアウト(練習)を終えたあと、むしろちゃんと練習した日のほうが、、、

五感(味覚・嗅覚・聴覚・触覚・視覚)や筋感覚、が磨かれていたりするんです。。。
しかも、、、感情が素直に出るようにもなってきて、その感情が、意志を築くのです。
ようは、、、意志力が磨かれるのです。



具体性のない質問。
目的意識の欠ける惰性や依存。
思考ばかりで拡散する机上の空論。
感じずに、考えてばかりし、相手に合わせてばかりするが、どこか腹黒い。

 

そういう場合には、ますます、うちのウエイトトレーニングが、威力を発揮するように思えます。
どういうふうに向上するのか。それさえも感じられないから、
自分がどうなりたいのか、がいえないのです。ただ、向上したい、というだけ。

情報社会というこういう情勢ですから仕方ないことです。
ああすればこうなる、とばかりになって、意味を感じずにカタチで考えてしまう。
好奇心、という感情が欲しいんですね。でもそれが、、、できる人の条件だと思います。



自分がどうなりたいのか。
その「どうなりたい」をより具体的に。
質問内容もより具体的に。より焦点を絞る。あるいは、自分がここまで感じられてて、、、が伝わるよう。



でもこういうと、、、命令みたいになるでしょう???
ハードルが高そうに見えるでしょう???
で、、、出てくる答えが、、、「だから、自分は、だめなんだ」

違うんです!!



その感じ方を、、、これから磨けばいいのです。

意志力を持つために、、、感情を開き、五感を開きましょう!!

意志力は、、、勉学で磨くものではない、と思います。



関連記事
スポンサーサイト