私が提唱する動作法は、「落ちる」という名前が示すように、
自己本位になって筋力出力や身体意識で動かすものではなく、
重力や時間のながれと調和した動き。

さらに掻い摘めば、
その外部の重力に自分が支配されるのではなく、
どなたにもその人自身が元々持っていた重力という出力を引き出し、拾って動けてしまうもの。

ようは、、、自分を引き出す。
ようは、、、筋力で自分を装ってムリをしたり我慢させたりするのではない。
ようは、、、闘わない。他人軸になって、争わない。
ようは、、、自分軸でいて、自分の感じ方が中心でいて、自己信頼度が高い。

[広告 ] VPS




他人軸になって身体意識を命じるとか、そういう動作法ではなく、
他人軸になって重力に敵対しようと、筋力をつけたり固めたりするのではなく、
自分軸になって、重力を自分が感じ、自分にもそういう出力があることを知り、自分中心に動く。

自分中心で、自分の満足が高く、心地良い動きだからこそ、、、重力などとは調和できてしまう。



それが、、、「落ちる」という動作法。



環境に支配された動きではなく、
自己本位で抗った動きでもなく、
自分にたいする満足度を知り、その満足度が高い、自己信頼度が高い、そんな動作です。

だから、、、と~っても豊か。。。
だから、、、と~っても健やか。。。
私がスクワットジャンプをやったら。。。あら!ほっこり!!

[広告 ] VPS

ふわふわでしょう!!



そして、そのヒントを知るために、、、
重りという自然物を用いるのです。自分中心になって、感じるために。。。
それが、、、武田トレーニング。

そうしてできた「自己信頼度の高い動きや体の使い方」
それが、、、「落ちる」という動作になります。



これは別に登録商標ではありませんが、、、、

すなわち、、、ネットや本などの情報は、「外から」ですよね。
でもほんとうに大事なのは、、体からの情報ですよ。。。内からの情報ですよ。。。
そういうことを言ってるのです。

そのヒントやきっかけのなかで最良のものを、私はご提供しています。




関連記事
スポンサーサイト