もちろん、、、やる続けることは、大事ですよ。
その上での話です。





才能がなくても、努力でなんとかなってしまうものほど、
魅力を感じないのです。
だってそういうのって、、、こういうことでしょう???



それは、、、



・・・・・



・・・・



才能がない人でもできたって勇気よりも、
むしろ、、、
才能がないままで魅力などない
ってことですから。



・・・



・・・




力んでまで挙がってしまうもの。
そこに嫌気が差すのです。
力まないセンスで挙げてこそ、、、意味があるし、価値があるのです。



粘りや体力で解決してしまう。。。



そのための努力。。。



ぜんぜん魅力を感じないのです。
すごいと思わないのです。
大変だ、とは思いますけど。。。



自分はセンスを磨く取組みをしたいし、



その上での継続じゃないかな???と。



その継続も、、、ただ単に次につなげるもの、、、とかじゃなく、
これだと今を妥協してて、次にもつながらないだろうし、
まあ、、、体力をつけるだけの“だらだらした努力”なら、つながるのだろうが、、、



肝心なものは、つながらないだろう。。。



同じ失敗でも、、、価値のある失敗とそうでない失敗がある。
できない人ほど言い訳に走るし、できる人は話の聞き方やその姿勢が違う。
今を大事にした「内容のある失敗」こそ、次につながるのです。



失敗が必ずしも成功につながるとは思えないし、
カタチだけの成功や体力だけの成功こそ、失敗の原因だと思うし。。。



努力に勝る天才なし、とはいうが、こういう失敗につながるのなら、そうは思えません。
天才は、、、努力を努力と思わない自己信頼度や納得・満足があるのだと思います。
努力と思わない我慢、、、じゃなく。。。



なんとなくでも、伝われば嬉しい。




関連記事
スポンサーサイト