こういう種目を見ただけで、すっごい力が要るように思えるでしょうが、
こういう種目こそ、、、力んではいけないもの。

[広告 ] VPS




仮に力が弱かったとして。

強くなりたい!!
というその一心で、筋力アップに励むことで、たしかに筋力は向上します。
ですが、、、そうやって力がついたとしても、芯というものは、なにひとつ向上してないと思います。

ここでいう芯は、体の芯でもあるし、心の芯でもあります。



りきんじゃだめ、脱力して、うまく動きたい。
でも力みが取れない。
じゃあ、、、力を抜くことをしてみよう。

それで果たして、余計な力がぬけるものなら、、、誰でもそれが叶うはず。
私らの指導も不要です。
でも、それが叶わないのなら、、、「芯」という部分を見なければ、、、と思います。



では、、、「自分を変えたい」「このままの自分を変化させたい」「自分を脱皮したい」という方。
どうすれば、、、変われるのでしょうか???
ここまでお話してきたように、、、


結局のところ、、、


筋力をつけよう、力を抜こう、として、うまくいかなかったのです。


つまりは、、、





変わろうとしたから、、、、


変われなかった!!



・・・・・・・・


そうです。。。
そこが今回触れたい「芯」という議題です。
変わろう、変えよう、という直線的で対処療法風では、元が変わっていない。


じゃあ、、、その「元」を変えること。


それには、、、あるコツがあります。


・・・・


・・・・



自分を変えようとしないこと!!


その代わり、、、


新しいパターンをひとつ、追加するだけでいい!!






その新しいパターンが、、、


ウエイトトレー二ングでもっともわかりやすい、、、、


「重さを、ちゃんと、受けること」


・・・・


重さの受け方が悪いから、、、
重さの受け方が悪いのに、、、
「力がない」「重くて苦痛」みたいになって、、、「力が必要」みたいに。。。

重さの受け方さえうまくなれば、、、力がどんどん不要になるし、操作も要らなくなるものです。
でもそれが、、、ほんとうの力だと思うし、、、そこには「芯」が入っています。

何かを変えたりする必要はなく、
重さを受ける、というパターンを加えるだけ。
その一押しが、、、アリの一押し???っていうんですか???わかりませんが。。。
牙城が崩れ去り、他のいろんなものが変化していく。ドミノや将棋倒しみたいになって。。。

だってそもそも、、、重さを正しく受けるために、、、その会得のなかで
「力を入れない」「何かをしない」がわかるのですから。
「固めない芯」がわかってきて、、、通った心地よさもわかってきて。。。




・・・・・・・・




「芯」のある行動。
それは、芯がそうであるように、、、芯を作ろうとして芯ができるのではなく、、、
余計な何かが崩壊することで、、、芯が形成されます。

その一押しが、、、大事です。



その一押し。。。



運動でいえば、、、重力を、正しく、受けること。



そういうことを、、、武田パーソナルで伝えています。






関連記事
スポンサーサイト