少し、許しについて、向き合ってみようと思ったんだ。

いえ、気は確かですよ!!もちろん!!(笑)



・・・・



今わかってることは、許す、というのは、感情を押さえ込むのではない、と思うこと。
許せないことはたしかにいっぱいある。
でもそうやって闘い続けてきた。。。いっぱい葛藤してきた。。。いっぱい頑張ってきた。。。

もういいよね。。。って気持ちでしょうか???

だから、、、
怒りや悲しみなどを我慢するわけじゃない。
諦めでもない。

むしろ、大きく開ける感じかもしれない。
むしろ、これらを包み込んだ大きな何か、かもしれない。

正しいことと間違ってること。
気分がいいこと悪いこと。
その分別はできている。

そのうえで、許してみる。もうじゅうぶん、、、、、、だから。。。

振り返れば、仕事だって、普通にお客様を「許す」ことで、指導ができてるわけです。
「許す」というのは、深い愛情かもしれません。
そして自分も、、、多くの方に許してもらってここまでやってこれた。

たしかに、いっぱい、傷ついた。正しく愛されてこなかったかもしれない。
でも、、、もういいうよね。。。じゅうぶん、、、感情を吐き出したよね。。。
それで相手や世間が変わろうが変わらまいが、それはどうでもいい。それが許すこと。
ある意味、最高に自分が守られていること。ある意味、自分の責任だけにまっとうできること。



ただ、、、自分軸で、、、許してみる。
他人軸での許しは、我慢や諦めになるから。。。




たとえるなら、
条件付で愛するんじゃなく、
無条件で愛する、みたいな。




「俺はこう感じるから、お前もこう感じるだろ?」
こういうことを受けたら、私なんかは気分を害します。


無条件に愛する、とは、個人的に感じるのは、
互いの個性を愛したり、
互いの違いを認め合うこと
じゃないかな???って思う。

比較じゃなく、同一化がもっとも傷つくのです。尊重が大事なんでしょうね。




力んだ人間が悪いわけじゃない。
そういう人らをこれまでずっと、俺は、許してきたじゃないか???
力を入れて頑張ってきたことを認め、許し、もういいんだよ!!って言ってあげるんです、

[広告 ] VPS




わかろうとしない思考主義の人にさんざん疲れたけど、
変わらなくてもいいし、その責任は俺にはない。
でも、、、許そう。。。自分も許そう。。。少しだけ改善。。。

[広告 ] VPS





繰り返しますが、、、他人軸で許せば、ストレスの元です。

また、、、どうしても許せないなら、許せない自分こそ、許してあげよう。
たしかに、ほんとうに許せないものは、私にもたしかにありますので、だからこそ。。。
そうやって、、、肩の力が少しでもぬければ、何かが広がる気がする。。。




(追伸)

許すと、ね、、、もうひとつのメリットが。。。
俺が感じた話。。。
「肯定的な感覚」になれるってことかな???

ついつい欠点ばかり見たり、、、
じゃなく、
長所のほうをより見れるようになってくるってことかな???

こじつけたポジティブシンキングじゃなく、根から溢れる感じっていうか。。。

その肯定的な感覚は、脳細胞を開かせるともいわれます。
逆に否定的な感覚は、脳細胞を閉じさせるともいわれます。
だから、肯定的な感覚でいたほうが能力も開けるだろうし、うまくいく確率だって上がるでしょうし。

もっとも長所と短所は同じだってこと。
非社交的という欠点は、自分に集中すればすごい能力を発揮できるという長所でもある。
だから、短所は同時に、、、長所も併せ持つ。長所側、短所側。結局同じ側面でもある。

しかも、「そこに注目すれば、それはエスカレートする」といわれます。
短所を直そう、とすることで逆に短所がエスカレートしてしまう。焦りなどがそうさせるんでしょう。
長所を楽しむことでそれがどんどん引立ち、短所だって逆にかわいさぐらいに感じられるように。

そのきっかけが、許す、という発想ではないだろうか???

なんて感じています。




あるいは、、、ゆるしがあるから、、、何でも話せたりできるんじゃないか???って。
いいことも悪いことも。。。でもどこかさっぱりもしてる。しつこくない。
理想ですね。。。




関連記事
スポンサーサイト