これまで色々ポイントを申してきましたが、、、改めて整理します。

私の動作は、、、その目標は、、、「重力になじんだ動き」「重力と調和した体」
筋力に頼らず、より自然で心地良い、もっとも合理的で、もっとも負担の少ない、
地球にやさしい体の使い方です。

だから、、、「その重力になじむ」という意味で、ウエイトトレーニングをやっています。
だから、、、筋力に頼って力んでムダに興奮したり身体意識で思考した動作にはしないのです。
いいえ、、、そのような無駄な動作をはがしていくことになるのです。自然帰化ですので。

そうです。正しく重りを扱う、って、そういうことなんですよ!!
世間でいうのは、きっと「筋トレ」のことを言っているのです。うちがさすのは「ウエイト」です。
たとえるなら、同好会の筋トレではなく、スポーツのウエイト。

そこで以前はよく、こう説明していましたし、こう指導もしてました。



「(逆らわず・抗わず)重さを受けましょう」



そうです、それで以前は、その受け方のノウハウならぬことを感覚的に触れてきました。
けんだまも使いましたよね。距離勘という言葉も登場しました。
一定の距離を保って受け止める。その詳細に触れました。



でもたしかに、「重さを受ける」ということは、とても重要。
ウエイトトレーニングの基本も、「そこ」ですからね。
「挙げる動き」の基本は、「降ろす動き」「戻すほうの動き」にあります。

ようは、、、「キレイにつぶれること」が、挙げる基本。

余談ですが、その「つぶれる」とは、
後1回挙がるか挙がらないかで、途中で止まってしまうとき、どうやって重りを降ろしますか。
かくん!!と降ろせば大ケガにもなります。そうならないような降ろし方をしますよね。ベンチプレスとか。



そこは同じです。

しかし、



「受けること」というのが、
「指令」「命令」「課題」になってしまうのって、
どうよ???




もちろん、「重さを受けずに交わしたり逆らったり」すれば、負担も大きいし、危険だし。
だから、「重さは、受ける」
でも、、、「重さを受ける」「受ける」「受ける」「受ける」「受ける」「受ける」「・・・」「・・・」「・・・」「・・・」「・・・」・・・・
ってなると、、、すごく難しい。。。というか、簡単なものさえも難しくしてる感じに。



でも、、、



重さを受けるって、簡単です。
いいえ、、、あまりに単純で、白けています。




だって、、、、



力を入れなければ、、、
普通に重さを感じるでしょう???


感じませんか???普通に。。。



以前は、「落ちる・浮く」と申していました。
重力を受ければ、浮力が拾える。
でもこれこそ、、、



力を入れなければ、、、
叶うわけなんですから!!




そういう進化を遂げているのです!!
[広告 ] VPS


部位別トレでも一緒。
[広告 ] VPS





先日も触れましたが、、、「力を抜く」ではなく「入れない」
余計な関与をなくせば、
必要なものは、ちゃんともれなく、ついてくる!!





だから、、、

うちのトレーニングは、、、

どこか、、、




摩訶不思議!!




でもそういった部分を、せっかくのそういう部分を、

思考して醒まそうとするのではなく、
ありったけの感情でそのままをリアルに感じて欲しいのです!!楽しんで欲しいのです!!





しがらみをといて、
壁を撃破しましょう!!
いいえ、、、はじめから案外、、、壁なんて、、、なかったのかもしれませんよん。。。。。



力を、入れない!
何かを、しない!





【関連記事】成功する強化と失敗する強化




関連記事
スポンサーサイト