2016.09.30 しない勇気
しっかり(どこどこに)力を入れて、鍛えなければ???
しっかり(どこどこを)意識して、動かさなければ???

など、注意点があれやこれや。
でもこれらすべてが結局できない。
できなかった自分を責める。だんだん面倒になってくる。。。

いいえ、、、正確には、、、
面倒だと感じてはいけない、と自分を苛めること責めることで感情や気持ちを否定し、
嫌でもやってしまう。嫌でもやろうとする。嫌でもやらなければいけない。。。



結論です。



面倒な努力は、、、しない。



それが面倒だと感じるのであれば、やってもやらなくてもいいことだと思うのです。

私のウエイトトレーニングは、、、「力を入れないように」と教えます。
「力を入れない」ことで、なぜだか挙がっていく。なぜだかまとまって整っていく。
でも、、、「力を抜け」とは言いません。このニュアンスって結構大事。

同じ動画ですいませんが、スナッチ後のスクワットが、、、まさにそれ!!
力を抜けば乱れますが、力を入れてないので重さの良い受け止めと重力適応が叶っています。
最初のスナッチも、力を入れてないから、シャフトが跳ぶように挙がってくれています。

[広告 ] VPS




ようは、、、



「余計なことをしなければ、、、かえって必要なことができている」



そこを体で感じてもらいたいのです。



細かい技術は後の話です。

そもそも世間でいう「動きの連動」やらそういう類は、「元々誰しも備わってるもの」
それを意識して行うのではなく、「自然」になれば、叶うもの。
末端主動にはならないし、対角螺旋っていうんですか???それも叶うのです。

鉛直なウエイトをやるだけで。



指導で目指してるのは、
「無自覚でやってしまったこと」に気づき、「それをしない勇気」を持つこと。
こういう継続反復で、、、ナチュラルな自動化へ近づくのです。



簡単そうな立ち幅跳びは、一気に枠外へ
[広告 ] VPS





関連記事
スポンサーサイト