2016.09.29 気が変わった
以前、「俺自身、自分に厳しすぎたかも???厳しくするのをよそう」って触れた気がします。
結論からいいますが、気が変わりました。
素顔を逆に隠していた気がして、無理があると感じたからです。

どうでもいいインターバル。
[広告 ] VPS




なぜ「きびしくするのをよそう」としたのか。

そうしたほうが、相手の長所がもっとみられると感じたからです。
自分と相手とは、コインの表裏。
自分の許せない部分を見る癖があると、相手へのその許せない部分をみてしまう。
そう知ったから。

今は、それを見直し、こう考えるようになりました。



・・・・・・・


・・・・・・・



自分に厳しくて、何が悪い!!



・・・・・・・



あるトレーナーに言われたことも、大きなきっかけでした。

「武田さん、自分に厳しいから、他人にも厳しい」

そのときは、虚をつかれた気分になりました。
俺は普通のことを普通にやってて、むしろ甘いぐらいで、型を壊すゆとりやおおらかさを持っているはず。
クライアントからは、「たのしませてくれる」とかそういう声しか聴かないから余計だった。



でも、言われてみればそうかもしれない。。。と感じ、見つめなおした。
そして、さっき触れたこと。
自分に厳しい???許せない部分を見てしまう???肩の力が抜けていない???



でも、、、、



・・・・・・



自分に厳しいのは、決して自分の悪い部分を責めたり、欠点しか見えないとかじゃなく、
あるいは他人に対しても、そういう見方になってしまう、とかじゃないんだ。

前向きな向上心が、そうさせるんだ!!
ワクワクした探究心が、そうさせるんだ!!




だから、、、長所を優先するし、本気で向き合うし、妥協はしないし。。。
でも、、、窒息するような頑張り方など、施したことはない。

良い頑張り方をしたい!!
という「前向きさ」が、そうさせるんだ!!





だからもう一回言います。



・・・・・・・



・・・・・・・



自分に厳しくて、何が悪い!!



・・・・・・



そして、、、もっと大切なことに気づきました。
それは、、、もっと自分に素直になること。それを受け容れ、認め、許すこと。
たとえば俺は、、、人見知りだし、多くをしゃべらない。しゃべりたくない。集団で群れるのが大嫌い。
でも、、、しゃべらなければいけない、しゃべれない自分はだめな奴なんだ、って思うんじゃなく、

しゃべれなくてもいいじゃないか???そういう場所からは離れれば良いし、
その代わり、、、自分に集中して、何かを完成させたり築いたり、、、それが得意じゃないか!!
類稀な創造力。抜群の集中力。驚愕の冴え。ワールド!ランド!大人になれない!止めれない!!

俺は、、、それでいいじゃないか!!何が悪いんだ!!



だからこそ、、、人も尊重したいと思う。



共感したなら徹底的にやるし、
そうじゃないのなら好きにして欲しいし。
それはあくまで、相手の自由であり、相手の自己責任でもありますから。




浜田省吾 ミスロンリーハート

一番目のサビの部分
「やさしい男たちが 君の耳元でささやく 
恋の駆け引き 苦手な僕は ただ遠くで 見てただけ」
って部分。妙に共感するんです。。。




関連記事
スポンサーサイト