トレーニング(ワークアウト)において、

力が入ってしまったり、力を入れなければいけなかったり、
頑張らなければいけなかったり、
きつくてきつくて苛めぬく感じだったりするのであれば、

私が思うに、、、

きっと、、、





やり方が悪いのだと思います。





それだけ非効率な動きで鍛えている
それだけ非効率に動いている
のですから。




「力が抜けていなければうまくいかない」




それが、、、、ウエイトトレーニングです。

[広告 ] VPS





だから、それに見合う身体やコンディションやフィジカルが作られるのです。




非効率に動くことで、身体が肥大しやすくなるのですが、
それだけ「大事なもの」を犠牲にしてるってことです。
だったら、、、初めから大事なものを犠牲にせずに、鍛えてみては???

それが、、、うちのやり方です。




「ウエイトだけで機能が叶うもの」
これが、普通の発想です。ここまでの話のながれで、わかったと思います。
あえていうと、なにせ鉛直に芯が入るし、脱力も叶い、地球の感知がよくなるわけです。

でも、これを思考で考えてしまうと、
「どうしてウエイトだけで機能が???」「じゃあ何か特殊な何かが???」
みたいなるのでしょうね。。。

思考を停止させ、感覚を大事にしましょう。
運動にしかり、聴くにしかり。



関連記事
スポンサーサイト