私の指導は、感覚的です。
無形です。
ですが、無形であることで、カタチが生まれるものなのです。

今を感じ、今を味わう。プロセスを楽しみ、心地よさを感じる。
結果を急いで求め、結果からの線上から今を推し量るような、そうやって今をみつめていたら、
今を感じられていないし、今をまじめにできていません。

ワンダーな手応えを感じ、楽しみ、繰り返すこと。
流れ作業でまるでカルテにトレーニングをやらされている風、じゃなく、
そんなカルテは捨てて、もっと自由でいいじゃないか。



何をやるか、、、ではなく、、、どうやるか、、、



が大事なんですから。
そこを見ないで、何をやるか何をやればいいか。。。っていう義務感こそ、誤ったまじめさです。
明るい・陽気・・・・それだけができる条件とはいえません。

温かい心や熱い心、子供の心を持っている、ということを隠さないことです。



そのワンダーな感じとは、だいたい

・やればやるほど筋がやわらかくなる・軽く感じていく
・力を入れないほうが、挙がってしまうし、負担も少ない
・体を意識しないことで、なぜだかキレイに挙がるし動かせる
・なぜだか日常でも力を入れなくなっていくし、その結果、とても動け、ケガも凝りもなくなる


みたいな感じですね。でもこう聞いたとしても、
「うわ~!!すご~い!!やってみたい!!」とワクワクして楽しめる人もいれば、
「無反応」で「じゃあ、、、どうすればいいんですか」みたいになる人もいます。


前者がもちろん理想ですが、後者であっても、責めることはありません。空元気が一番いけないから。
でも、「今、こういう症状なんだ」って認めることは大事です。でも、そこでとめてください。
「だから、だめなんだ!」という言葉をその後に続けないように!!

大事なのは、、、今、どう感じたか。。。です。
つまり、、、
そこまで自分をおいつめていたんだ、我慢していたんだ、仕方ないよね。うんうん。。。って。

そうやって認め、ゆるし、なぐさめてあげれば、、、少しだけでも前を向けるし、
でもその少しって、、、すッごく大きいから。
1%の変化は、100%の変化と一緒なんですよ!!
入り口は、出口が遠い、ってことじゃなく、出口へ必ず通ずるんですからね。


そうこう楽しんでいるうちに、感じ方も、日々変わっていくでしょう。

そして、、、変わっていけばいくほど、理解度も増すでしょう。



なにせ、、、理解や学習は、、、、
先に感覚から入り、あとから整理するものですから。
右脳が先で、あとから左脳です。




関連記事
スポンサーサイト