ウエイトでいう「感じる」とはの補足。
しかし、、、先に申しておきますが、、、上記とは逆説的な内容になります。
ただ、、、、、終わってみれば、逆説どころか、すごくつながっていて順当な内容になります。



この動画のタイトルが、結論になります。
受けるのも感じるのも、「等身大のもの」だということ。

[広告 ] VPS




先のリンクの内容をおさらいすれば、

「感じる=研ぎ澄ます感じではなく、素顔で素直な感じ方」
ですが、、、重いものを「重い重い・・・」「落ちて落ちて・・・」と過剰になるわけではなく。。。
ですが、、、重いものを「軽く軽く・・・・」「落ちない・浮くんだ・・・」という見栄でもないのです。

余談。うちのワークアウトでは、やや重いものを扱ったほうが、じつは動きが整うのです。
だって、、、「素直に重さを認め、身体が順応せざるをえなくなるから」
だから、、、「メイン重量」のときほど、考えちゃだめ。信じること。しかも勝手に感じられている。
だから、、、それ以上の感じ方をせず、素直になるだけ。

ただ、、、初期段階の人の場合、感じることができていません。
当たり前のように「抗う・闘う・挙げようとする・固めてしまう」「そうしなければ挙がらない・守れない」
この思考回路を壊すことが重要。いいえ、、、雁字搦めから少しでも解放させてあげること。

感じて欲しいのです。素直に。じゃあ、どうすれば???



・・・・・・・・



「しなければいい」のです。



・・・・・・・・



一瞬、、、「???」になったでしょう???



でも、、、するから、やるから、感じられないのです。
「動かす」「力を入れる」「固める」はおろか、「考える」「意識させる」もそう。
これらをしないこと。まずはそこから。



でもそれだけではなく、



もっといえば、、、

「感じる」というのもじつはそう!!




・・・・・



またしても「???」になったでしょう???



「その感じる」は、「感じなければいけない」という「第二の感覚」だからです。
リンク先でいう「研ぎ澄ます感じ方」です。
もっとも重さを軽く演じようと胡散臭い身体操作でふわふわ演じることでもない。これも「第二の感覚」



つまり、、、感じなければいけないことからも解放させるから、感じられるのです。



ようは、、、力を入れたり、動かしたり、自分から考えて動かそうとしたり、あるいは感じようとしたり、、、
これらを一切しないことで、、、動けてしまう!!
そういう「絶対的な自信」が欲しいのです!!ただ自然でありのままを感じるだけで。


重いものだ、、、と考えたり、
重くはない、、、と見栄を張るのではなく、

素顔で感じたままでいい!!
あとは、重りを含めた自然環境や賢い体が、なんとかしてくれます。
そういう「自信」を育みましょう!!



力は入れないほうがうまくいく。
考えないほうが、うまくいく。
自然に感じたほうが、うまくいく。
心地良いほうを選択したほうが、うまくいく。



ということを観念にしてしまうことをやっているのです。うちの指導では。
だから、、、そういう自信が体には当然刻まれますが、心にも刻まれます。
思考回路や行動パターンまで変わってきます。

なにせ、、、元のスイッチというか、「生き方のパターン」が変わるのですから。




関連記事
スポンサーサイト