動作を考える、のではなく、体を駆使する、のでもなく、
重さを感じることで、挙がる。動ける。そう論じてきたが、
その「感じ方」について、先日も少し触れたが、より具体的に。

以下のふたつの動画を比べましょう。前者も後者も、重さを「受ける」「感じる」に変わりないのです。


[広告 ] VPS



[広告 ] VPS





私が思うに、、、感じる、とは研ぎ澄ますことではないし、
感じなければいけない、という(思考が入った)硬いものでもない。
だから、、、浅い実感でありながら、深い部分も感じ取れるのだと思います。

その「浅い実感」とは、重さを単純に「感じた・受けた」ということ。
深い部分とは、「浮力が働くことさえも、受けれて感じれてしまってる」ということ。

これは、プレス系でも一緒です。軽い受け方が、深いものを拾うきっかけです。



動画の前者と後者。
かつては「筋にしっかり効かせるには、前者」「連動重視なら、後者」としていたが、
今では「どちらも後者でいい」としています。

前者は、思い切りターゲットの筋に効いてしまいます。
なのに、筋は、恐ろしく弛緩してくれて、動かしやすくなっています。
後者は、ターゲットの筋には「心地よく」「ほのかに」効いてくれます。
もちろん、、、終わったあとは、、、恐ろしく弛緩してくれて、動きやすくなっています。



心のなかみも、、、
パンパンにつめてしまうよりも、、、
どこかに隙間や逃げ道を残しておきたい。



それは、、、ウエイトでも一緒です。
まじめな方がいけない、ということではありません。
でも、ほんとうにまじめなら、、、片マジメじゃなく、、、ホンモノのまじめになりたいですね。



以上、、、
他の記事にもある動画も見て、、、
そういう感じ方や受け方に注目してご覧いただければ、また参考のひとつになるかもしれませんね。。。




このデッドだけは載せておきます。主旨にぴったりで、こういうあがり方なんですね。。。

[広告 ] VPS





さらなる補足詳細は、こちらから




関連記事
スポンサーサイト