重りを挙げるとき。
かかった重りに逆らえば、その逆らった分だけ、負荷が増す。負担が増す。
と心得てください。

逆らって、歯を食いしばって、力んで、固めて、踏みつけて、頑張って、
そうすればするほど、いっぱい打ち勝たねばならないものが増すけど、
その打ち勝つべきものって、必要なこと???
むしろ、、、なくてもいいもの???じゃないんですか。

身についたものは、、、、使えないフィジカルっていうことですから。。。


だから、こんなやり方は、見ていられません。
第二の感覚っていいます。正当な感覚じゃなく、力んでバカになった感覚です。
頑張っても頑張っても、、、報われることはないでしょう。

[広告 ] VPS




第一の感覚に目覚め、受けいれるためにも、、、力は入れない。
下手なスピードスクワットより、こちらのほうが、はるかに実用性が叶います。
どこかほっこり(♪)カタチを超えたスクワットをただただ堪能しましょう!

[広告 ] VPS



どうしても瞬発力を磨きたいのであれば、こんなふうに。。。
これも、力を入れない「第一の感覚」です。

[広告 ] VPS
 



また、重量感覚でもある「第一の感覚」は、重りを受けた実感です。
スクワットなら、圧縮感。スナッチやロウイングなら牽引された感。
ですが、、、距離勘という漢字を「距離感」じゃなく「距離勘」にしてるもうひとつの理由。

それは、、、

その圧縮感も牽引された感も、、、
ゼロにすることが、、、
ほんとうの重量感覚!!


つまり、、、無感覚になることが、、、究極の感覚であり、、、これがほんとうの第一の感覚。



ではなぜ、無感覚になるのか???



動くからですよ!!自分も真下に!!



静止は、静止のようで、固定ではなく、動作であり落下でもあるから。



この「落ちる感覚」が、欲しいのです!!



それが、、、、ほんとうの距離勘(隙間)であり、ほんとうの重量感覚、第一の感覚です。








じつは、、、大の苦手だったベンチプレスが、、、、
 


ついに、、、わかり始めてきた感じで。。。



これまでは、、、ベンチに仰向けになった身体は、自由度を奪われ、
力まざるを得ない。力みやすい体勢をとることが技術。
そう、、、一般論風にあきらめていました。



しかし、、、、



仰向けになった体も、、、、落下してる。。。



重りも落下してる。



むしろ、、、、落下のさせ方がうまくなり、挙げ方も良くなった。



ここでいう無感覚の距離勘が、、、わかってきたんですね。。。



と、いうことで、、、最近は、、、ベンチプレスも大いに賛成しています。



仰向けになると実用性に欠ける???



そう考えていた過去が、未熟だったんですね。。。



と、、、数週間前からじつは、、、壁を超えていたのでした。





関連記事
スポンサーサイト