うちはアクセス解析ができて、見ると、この記事が読まれていました。
こちら(足音と加重の関係)です。

案外良いこと、かいてます。でも、古い記事で私も書いた記憶がないようなものでも、、、、
ご覧いただけていて。。。。。
嬉しいものですね。。。

さて、だいたいの内容ですが、、、

足音をならないように、、、ふわふわと模倣するような着地は、加重できていません。
でも、地面に叩きつけるように足音を鳴らすのも、加重できていない。
ほんとうは、、、



真下に行く感じの素直な動き(つまり、落ちる)が、いちばん加重でき、足音もならないのです。
(結果的に、足音の鳴らない叩き付けない着地になる。でも、その原因が違う)


それで、こういう運動が、足音が鳴らない強い加重の練習に最適だ、と。

[広告 ] VPS

こういう運動で足音が鳴るようでは、いけない。
強く落ちれば、、、じつは足音は、鳴らないか、小さいか、だということ。
ばーーん!!と叩きつけるのではないし、そろーーーっと足を置きにいくのでもないのです。


・・・・


力も操作もいりません。いたってシンプルです。
重力を受ければいいだけですから。それだけで、できてしまうんですね。
あるいは、できたかできないか、の目安にもなる。

でも、、、みんな素直さがないから、難しいのでしょうね。



だから、、、正しいウエイトトレーニングが、威力を発揮するのです。



力まず、固めず、操作せず。



動きの妨げになるものを、大人はやってしまうのでしょう。
それをしない、する必要がない、という閾値へ行けばいいのです。
等身大こそ、、、最強!!



と、ここまで子供になってしまうことが、、、肝心です。
大人になるから、できることもできなくなるのです。
でもその大人は、、、はがれるものだと思います。
それが、、、正しいウエイトトレー二ングのあり方ですから。自然物に習い、自然になるのですから。



「難しい???」
「大人だからです」「思考に縛られてるからです」
「でも・・・」
「『でも・・・』を『じゃあ、まず』に言い換えませんか?気分だけでも大人がはがれるでしょう???」




関連記事
スポンサーサイト