2016.08.14 実演にて
このところ、やや精神論が多かった気がしたので、
その精神論がまことであることを、実演します。
そもそもその精神論もどきは、実演から芽生えた感覚や感情からでしかありません。

しかも、、、感情や感覚や気持ちの部分を知れば知るほど、
これこそ、、、ウエイトであり、動作である、とも言い切れる。
つまり、、、一致する!!つながる!!そう思えてならない!!


重さは、、、まず「(重さを)受けること」「(重さを)感じること」
頭で考えて「どういう連動」「どういう筋意識・身体意識」という思考回路を、ぶっ壊します!!
その感じた先に、、、浮上が叶うのです!!

これを見て、、、「どの筋肉で」「どこの筋力が」「どういう連動で」が見破られないはずです。
受けて、感じて、あとは任せただけ。
重いはずが、、、重くなくなる!!

[広告 ] VPS




闘って挙げる必要、、、ないんです!!
筋力を駆使する必要、、、ないんです!!
筋意識身体意識、、、、要らないんです!!

落ちれば、、、浮くのです!!しかも鉛直かつ垂直で!!

普通は、、、挙げよう!と上に力を働かせます。
だから、、、力むのです。きついのです。
だって、、、重さを受けてないのですから。。。

重さを受ける、、、とは、、、下へ行くこと!!
それが素直な感覚でしょう!!
下へ行けば、、、挙がるはずない???

そうでしょうか???

挙がってしまってるじゃないですか???

[広告 ] VPS




これが、思考を停止させるワンダーランド!!
そこには、、、「決断」が問われます。
重さを受けて下へ行っても、、、挙がってこれる!!と。落ちたほうが、挙がってこれる!と。

ただメカニズムは、だいたい以下の感じのことでもあります。

[広告 ] VPS




あえて上半身裸でしかたが、、、
筋肉がつくことや筋肥大することは、、、悪いことではありません!!
むしろ、、、思考が停止した「脱力筋」「重力筋」としてやさしい体として発達するのですから。

たしかに過剰な肥大は良くない。
でも、、、硬くなければ、、、副産物として発達したのなら、、、
それは、、、嬉しい産物です!!



関連記事
スポンサーサイト