今から申しますが、、、
言葉をただ読むだけでは、まったく響きません。
感じながら読んで欲しいのです。感じて欲しいのです。

今まで私の動作論や考え方、その習得法、強化のあり方、人として、、、など、
たしかに多岐に触れてきましたが、
これらには共通する「たいせつなこと」「マクロな部分」

それは、、、、




「どんな行動をするのか?」にあるのではなく、
「どんな気持ちで行動するのか?」にある!!




その気持ちが、行動を決めます。
だから、これが正しくてこれが間違い、ってないと思う。
ただただ、、、「どういう気持ちで・・・・・・」が大事!!

それが、、、
「そうしたくて」「満たされたくて」「そうしてあげたくて」「喜ばせたくて」なのか、
「マニュアルがこうだから」「世間や常識がこうだから」「面倒を避けたい」なのか。

たとえば、、、「どういう行動」ようは「どういう手段」ばっかり求めてしまうから、
そういう気持ちにもなるでしょう。見返りを求める、とか。メモ術みたいにこうさえやればいいとか。
だから、、、感じられない。肝心なことが感じられない。見える化というもみ消しです。

でもそういう世の中が、みえない破綻をきたしていることも、わかってるはずです。

だから、、、キレイなカタチなんて、、、美しくとも何ともない。
キレイじゃなくって、いい!!
「もっと温かい何か」「もっとエネルギーを感じる何か」が欲しい!!



「勝ち負け」や「損得勘定」じゃなく、
かといって「犠牲」でもなく、
「愛」や「豊かさ」や「無償の何か」を抱いていたい!!



そういう感情や気持ちが、私に知恵をくれたんだと思いますし、
視野が狭いことで逆に、流されずに済んだし、純粋になれたと思うし。
そういう動作であり、そういう指導法であり、そういう人柄なんです!!



そして、、、そういうあり方に、美しさを感じているのです。
誰が何と言おうとも。。。



関連記事
スポンサーサイト